1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「テイスティング、そして校正三昧・・・」

 連日暑い日が続いているが、こちらも予断を許さないような分刻みのスケジュールが続いている。

 ウイスキー検定の問題の校正と、プロフェッショナル問題の校正。それに加えて『Whisky World』の原稿執筆と校正作業に没頭されている。さらにWave出版の監修・校正作業も本格化させたので、同時進行で再び3~4冊の本を抱えることになった。

 その仕事量の多さにヘキエキしながら、昨日は昼すぎにスコ文研。東京バーショーの準備の合間に、それらの校正作業を行い、3時半からそのバーショーのミーティング。それが終わって5時から、こんどはナツメ社の単行本の打合せ・・・。これは9月末の刊行を目指しているウイスキーの単行本で、こちらの監修も引き受けたからだ。

 その後6時にアサヒのHさん、Yさんの2人が来て、6時半すぎから恵比寿の鶏専門店で、久しぶりの飲み会。「マッサン」の放送後に会うのは初めてで、これからの展開も含めて、いわば情報交換会。結局、12時近くまで飲んでしまった。

 今日も朝から校正作業をして、昼すぎにスコ文研。ワールドのテイスティング残り4本と、ついでにカバラン3種類をテイスティングしてしまう。ワールドはバーボン4種で、ジムビームのシングルバレル、スタッグJR、ワイルドターキー・ダイヤモンドアニバーサリーなどだ。

 カバランは次号のワールドで巻頭特集を組んでいるので、イチ押しのソリスト2種と、キングカーをテイスティングし、そのコメントを作成してしまう。ソリストはシェリーカスクとヴィーニャカスクの2種だが、どちらもエキゾチックな南国テイストが満載で、久しぶりに唸ってしまった。特にシェリーがいい。以前飲んだものより、はるかに安定し、しかもコンセプトがはっきりしている。まさに南国のフルーツだ。

 ヴィーニャも以前より格段によくなっている。アメリカンホワイトオークのワイン樽を台湾に持ってきて、それを自社のクーパレッジで、もう一度手を加えたものだ。こちらもエキゾチックで、南の国の夜のプールサイドが、よく似合う。ジャスミンやプルメリアの匂いが漂ってくるかのようだ。バリの高級リゾートホテルの夜が思い出される・・・。バリに行ったのは、もう20年以上も前の話だが。その時は『日経トレンディ』の仕事で、すべての高級ホテルを取材した。

 結局、それらの作業を終えて、7時すぎに恵比寿の仕事場にもどる・・・。


150514_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter