2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京バーショーのオリジナルボトル作り」

 朝から再び検定問題300問の校正、さらに昨日入力してもらったウイスキープロフェッショルの問題の校正・解答用紙、解答の作成と息つくヒマもないほどだ。

 本当は半日休みたかったが、そういう訳にもいかず、昼すぎにスコ文研。検定やプロフェッショナルの問題も校正しなければいけないが、『Whisky World』の入稿も待ったなしで、大阪から送られてくるデザイン案、レイアウトをチェックし、変更を伝える。その場に担当デザイナーがいないというのは、何とももどかしい。よくぞ創刊以来10年間も、こんな不便な作業を続けてきたものだとは思うが、これも致し方ない…。

 それらの作業の合間をぬって、16.17日に迫った東京バーショーのオリジナルボトル作り。毎回好評で、あっという間に売り切れてしまう100ml、200mlサイズのオリジナルボトルだが、今回は検定合格者向けに1種類、そして誰でも購入できるバーショー記念ボトルを3種類つくることにした。

 検定用は200mlのボトルで、中身は私がブレンドしたスコッチのブレンデッドモルト。10~20種類のシングルモルトがブレンドされている。バーショー記念は100mlのボトル3種類で、こちらは①ニューアライアンス、②バーボンユナイテッド、③オールドスコッツのオリジナルブレンド。それぞれやはり10~20種類のウイスキーがブレンドされている。

 ①は安倍首相とオバマ大統領が宣言した日米の新しい同盟関係にちなんで、ニューアライアンス“新しい同盟”と名付けた。中身はバーボンだ。

 ②はケンタッキーバーボンのみをブレンドしたもので、“バーボン業者は家族のようなもの”という、ケンタッキーの造り手に敬意を表して、ユナイテッドとした。

 ③のオールドスコッツは、スコッチのブレンデッドを混ぜたもので、30年超のレアなブランドも含まれている。スコッチではなく、あえてかつてのカティサークと同じように“Scots”とした。それのほうが、正しい言い方だからだ。先の総選挙でスコットランド民族党(SNP)が大躍進したことに敬意を表している。さらに、アイラモルトを効かして、かなりスモーキーにもしている。

 それにしてもSNPの先の党首の名前がサーモンド(サーモンに聞こえる)で、現党首の名前がスタージョン。スタージョンはチョウザメのことで、サーモンド(Salmond)は語尾のdを除けば、まったくサーモン、鮭と同じ綴りである。サケとチョウザメ…偶然にしては、よくできていると思うのだが。

 ということで(?)。今回の3種は今のトピックスも盛り込みながら、例によって遊んでみた。可愛らしいラベルもできたので、あとは当日のお楽しみである。

 それらを見届け、8時前に帰宅。

150512_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter