1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「升喜のセミナーとプロフェッショナルの問題作り」

 シェリーツアーから帰って3週間近くなるが、この間まったく休みなしにセミナーや検定の問題、ワールドの原稿等を書いていたせいもあり、疲れがピークに達している…。しかしやることが山積していて、昨日も午前中ワールドの原稿を書き、午後スコ文研。

 しかしスコ文研には1時間半くらいいただけで3時前に地下鉄に乗り人形町駅へ。4時から再び升喜主催のウイスキーセミナー。今回は2回目ということで、スコッチのシングルモルトがテーマ。例によって1時間半ほど白板を使って講義をし、その後①オーヘントッシャン12年、②グレンモーレンジィ10年、③マッカラン12年、④タリスカー10年、⑤フラロイグ10年の5種類をテイスティング。

 6時半に終了し、そのまま再び地下鉄でスコ文研にもどり、検定の3級・2級・JW級の問題の校正紙を受け取り、8時半すぎに恵比寿に帰宅。

 今日は朝からコニサー資格のウイスキープロフェッショナルの問題作り。検定の問題300問を作り終えたばかりだというのに、こんどはプロフェッショナルの問題100問である。連日の問題作り、原稿執筆でヘロヘロに疲れていたが、体にムチを打ってどうにか夕方までに仕上げ、5時すぎにスコ文研。入力を依頼しているUさんの到着を待って、恵比寿にもどる。連休が明けたというのに、相変わらず恵比寿とスコ文研を往復するだけの毎日が続いている。

 気が付けば季節はあっという間に移っていて、桜は立派な葉桜に変わり、ハナミズキもツツジもその盛りを過ぎている。驚いたのはアジサイがもうツボミをつけていたことだ。ゲーテの詩ではないが、「しばし待て、やがて我も憩わん」と、言えるようになるのは、いつのことやら。

 渋谷川を越える橋のところから、ビルの谷間に宵の明星が見えていたが、その角度もだんだん低くなっている。時間は、私を待ってはくれないのだ。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter