1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキーワールドの原稿入力作業」
 連休明けの本日から新しいスタッフが1名入ったこともあり、午前中に出社。これでスタッフは私を入れて総勢9名となった。まずは連休中に書きためた原稿を、スタッフ総出で入力してもらう。なんせ私の原稿は、コクヨの原稿用紙にシャープペンで書いた手書き原稿だ。ガラパゴスを通り越して、もはや化石である。つまり土中にうもれている死んだ生物…。名字も土屋でなく、土中に改めた方がいいのかもしれない。

 結局一日中、それらの原稿を入力してもらい、上がってきたものを片っ端から校正。ワールドの蒸留所原稿4本、そして同じく特別寄稿のシェリーの原稿、約20枚。その合間に、検定の3級・2級・ジャパニーズ級の校正作業。それが一段落したのが夕方で、ワールドの大阪の編集部に連絡し、台割の変更と進行の確認。これから10日間が、編集作業のヤマ場だ。

 それにしても、ここ2~3日シェリーの原稿に苦戦していたが、やはりスコッチとは勝手が違うことを痛感。さらに、もどってきてまだ3週間ばかりだというのに、記憶がどんどん遠ざかっている。手帳を見ないと、どこを回ったのかも思い出せないのだ。さらに悪いことに、自分で書いた手帳の字が読めない…。

 ボデガの暗い中で書いているせいもあり、老眼のせいもあり(書いている時から見えていない?)、そして1つのボデガで10種類近くのシェリーを飲んだせいでもある。こんなことは、スコッチではあまりないのだが…。

 結局仕事が終わったのが8時すぎで、いつものようにコンビニによって恵比寿に帰宅。

150507_3.jpg

DSC_3382.jpg

DSC_3036.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter