1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『ウイスキー通信』の発送」

 バーショーに久々に出展することを決めたが、ついでにマスタークラスもやることにした。今年はメイン会場内にセミナールームを設けるという。私がやるのは2日目の午後だが、テーマはやはり「マッサン」とジャパニーズウイスキーということで、ジャパニーズの原点と現状、そして今後の展望について語りたいと思っている。

 1時間というワクの中なので、テイスティングは3アイテム。“講師秘蔵のウイスキー”とホームページで謳っているが、①土屋トラディション、②スコ文研京都支部・山崎オーナーズカスク、③マイウイスキーづくり余市10年の3種類だ。①は私の還暦祝いの特別ウイスキー。②③も、今では幻のプライベートボトルである。他のマスタークラスは、参加費1000円というのが多いということだったが、これだけは特別に2000円とさせていただいた。それでも十分安いと思っている。

 6月7日(月)にやる大阪フェスでも、セミナーを1つやることにしたが、そのセミナーのタイトルは“シェリー樽とシェリー樽の真実”。先日行ったスペイン・ヘレス地方での見聞をもとに、今シェリーのボデガでは何が起きているのか、ウイスキー用のシェリー樽とは何なのか。中に詰めるシェリー酒は、いわゆる市販されるシェリー酒とどう違うのかについての話をし、合わせて7種のテイスティングを行いたいと思っている。

 その7種とは①フィノシェリー、②オロロソ、③モスカテル、④ペドロヒメネス、⑤マッカラン12年、⑥ダルウィニー・ダブルマチュアード、⑦ラガヴーリン・ダブルマチュアードの7本。①から④まではシェリーで、⑤~⑦はウイスキー。⑤⑥はディアジオのクラシックモルトのディスティラーズエディションで、⑥がオロロソ樽フィニッシュ。⑦がペドロヒメネス樽フィニッシュ。⑤のマッカランは、もちろん12年間オロロソ樽で熟成されたものだ。つまり、代表的なシェリーについて知り、次にそのシェリー樽で熟成させたウイスキーの特長について知ろうという試みだ。

 シェリーについては、個々の銘柄はまだ決めていないが、ウイスキーについては、バーショーも大阪フェスも決めているので、下にその写真をアップしておく。興味があれば、ぜひ参加してもらいたいと思っている。大阪フェス前日の6月6日(土)にやる恒例の“前日セミナー”では、世界5大ウイスキーについて講義をする。テイスティングアイテムは、そちらも7種類を予定している。

 ということをスペインから帰国後、急遽決定し、それらのチラシ等もどうにか間に合わせることができた。本日それらも同封して、『ウイスキー通信』第26号を無事発送。スペインに行っていたせいで、2日ほど遅れたが、コニサー有資格者には『コニサー倶楽部』も同封されている。

 5月31日に迫った第2回ウイスキー検定は、まだ申し込みを受け付けている。連休中にそれらの問題を作ってしまわないといけないが、ぜひチャレンジしてほしいと思っている。


150427_2.jpg


150427_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter