1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「各種セミナーの内容を決定…」
 3日ほど続いた時差ボケが治まりつつあるのか、今朝は6時半に起きた。もっとも、このところ3~4時間の睡眠が続いていたので、さすがに疲れていたのかもしれない。

 『ウイスキー通信』は下版し、あとは印刷所からの上がりを待つばかりだが、すでに次号の『Whisky World』、そして単行本の校正作業が始まっている。今年は15年ぶりに5月の連休は日本にいると思っていたら、丸々連休中はウイスキー検定3級、2級、そしてジャパニーズ級の問題作成と、そしてウイスキープロフェッショナルの、同じく問題作成。その合間に、ウイスキーコニサーの教本上下2冊の改訂作業も進めなければならない。まったく休みが取れない状況だ…。

 まあ、先のことを考えてもしょうがないので、まずは眼の前の作業をこなす。5月中旬のバーショーのマスタークラス、大阪フェス前日セミナー、そしてフェス当日のセミナーについて、そのテイスティングアイテム、概要を決めてしまう。

 バーショーのマスタークラスでは日本のウイスキーの原点について、3種の秘蔵ウイスキーとともに話す予定。その3種とは①土屋トラディション、②山崎オーナーズカスク(スコ文研京都支部)、③余市マイウイスキーづくりの3本。詳細は、今後発表予定だ。

 大阪フェス前日セミナーはすでに発表しているが、世界の5大ウイスキーについてで、テイスティングアイテムは7種類。フェス当日のセミナーでは、今一番ホットな“シェリー樽の真実”と題して、先週行ったスペインのヘレス地方の成果を交えつつ、シェリー4種(フィノ、オロロソ、モスカテル、ペドロヒメネス)、と、シェリー樽を使ったウイスキー3種(マッカラン12年、ダルウィニー・オロロソ、ラガヴーリン・ペドロヒメネス)を、テイスティング予定!

 それらの段取りをしつつ、本日4時から行われる升喜のセミナーの準備をして、2時前にスコ文研。2時半すぎに再びスコ文研を出て、セミナー会場となる水天宮の箱崎シティ・エアターミナル(TCAT)へ。4時から升喜主催のウイスキーセミナー。全4回シリーズのセミナーで、今回は1回目として、ジャパニーズウイスキーについてを行う。

 テイスティングアイテムは①キリン富士山麓樽熟50°、②竹鶴ピュアモルト、③余市12年、④山崎シングルモルト(NAS)、そして⑤響ジャパニーズハーモニーの5種類。途中10分の休憩をはさんで、終わったのが6時半。時差ボケで一番ツライ時間帯だったが、なんとか乗り切ることができた。参加者50名にアンケートを取ったら、響ジャパニーズハーモニーが断トツの1位だった。

 あとは今週末の大阪である。26日の日曜日にウイスキープロフェッショナルの集中セミナーと、ウイスキー検定の2級・3級対策講座である。とにかく、時差ボケと戦いつつ、これを乗り切るしかない…。

150423.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter