2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「FM東京の番組収録」

 スペインから戻って、さっそく月曜日からスコ文研。今回は夜の便だったから、それほど時差ボケはないと思っていたが、やはり4時前には眼がさめてしまう。これから7~10日ほどは、時差ボケとの闘いの日々だ。

 丸一週間、留守にしていただけで、スコ文研の私の机の上は書類の山となっている。午後一杯かかって、その書類の山と格闘し、再び普段の仕事モードに切り替える。今回は『ウイスキー通信』の、最後の下版を21日に設定していたため、その下版作業。

 21日の火曜日は、その下版を見届け、午後3時に『日刊ゲンダイ』の取材。ジャパニーズウイスキー特集で、とりあえず、今注目(話題)の3本を選んでほしいということで、響のジャパニーズハーモニー、スーパーニッカの復刻版、イチローズモルト秩父のピーテッドモルト2015年の3本を選出。

 その3本を中心に、そもそもジャパニーズウイスキーとは何か、その原点について1時間ほど話をする。「マッサン」が終わっても、まだまだジャパニーズウイスキーブームは続いているようだ。

 今日は、午前11時半に麹町にある東京FMに行き、ラジオの収録。毎週土曜日・午前11時から30分間やっている中山エミリさんの「アミティエ・ドゥ・ウィークエンド」という番組で、ゲストとして5月16日、23日に出演するためだ。もちろん、テーマは最近話題のウイスキー。

 中山さんといえば、三井住友VISAカードのテレビCMがすぐ頭に想い浮かぶが、この番組も三井住友がスポンサー。パーソナリティーの中山さんと、毎回ゲストがトークをくり広げるという、トーク番組だ。

 収録は12時前にスタートし、2回分を1時間ちょいかかって録り終える。ゲストこだわりの逸品というコーナーがあり、1回目はウイスキーを入れるスキットル。2回目はエディ・リーダーのCDを用意。スキットルは、もちろん蒸留所グッズだが、今回はハイランドパークのそれを持って行った。

 10年以上前に蒸留所で買ったもので、材質はピューター(スズ)だが、形状が面白くて、気にいっている。ハイランドパークのロゴでも、今と違って昔の四角のものだ。

 収録後、そのままタクシーでスコ文研に戻り、5時まで仕事。時差ボケで3~4時間しか寝ていないため、この時間になると頭がモーロウとして、仕事にならないため、早めに恵比寿の仕事場に引き上げる。いったい、いつまで時差ボケが続くのやら…。


150422_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter