1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「仙台でツアー前、最後のセミナー」

 『ウイスキー通信』の入稿、シェリーツアーの前で相変わらずの忙しさが続いているが、今日はツアー前、最後のセミナーのため、午前中の新幹線で仙台に向かう。

 東北電力が主幹する東北地方電力需要者連盟からの依頼で、理事会の後の講演を頼まれていたのだ。やはり「マッサン」のこともあり、また仙台はニッカウヰスキーの仙台宮城峡蒸溜所のお膝元ということもあり、テーマはマッサンと、そのウイスキーついて。

 まずはドラマ「マッサン」で監修を引き受けることになった経緯や、製作の裏話をし、それから竹鶴政孝の留学のいきさつ、そして当時の日本のウイスキーを取り巻く環境などについても話をする。

 なぜ、竹鶴の留学先がスコットランドだったのか、竹鶴を派遣した摂津酒造とはどういう会社だったのか。ドラマでは語られることのなかった人間模様、背景について1時間半ほど話をし、その後、余市15年、竹鶴21年の2種類のウイスキーを参加者全員でテイスティング。

 ホテル(江陽グランドホテル)のワイングラスを使ってのテイスティングだったが、いつものように外観、香り、味、そして残り香などについてストレートでテイスティングし、ウイスキーの味わい方について知ってもらう。

 参加者は皆、東北電力関係の会社の重役や通産省の担当者(全員が男!)だったが、ウイスキーの本当の魅力について、ほんの入口ではあるが知ってもらえたものと思っている。

 予定通り4時すぎに講演会は終了し、そのまま別室で開かれた懇親会にも出席。そこには東北電力の社長以下、副社長や担当部署の部長も参加していたが、じつは佐渡は東北電力で、しかし他と違って佐渡だけが50ヘルツではなく60ヘルツであることなど、懐かしい話も飛び出した。佐渡は独自に、東北電力が電気をつくっているが、もともとの機器が関西系だったため、東北電力管内では唯一60ヘルツになっているのだとか。

 懇親会ではビール、ワイン、ウイスキーといろいろ飲んだが、さすが東北ということもあり、6県の日本酒もずらりと並んでいる。そのうちの1つが、今話題の秋田の「新政」で、もちろん、すぐにそれをいただく。No.6という銘柄で、6号酵母を使って仕込まれた純米吟醸酒。初めて飲んだが、さすがにふわりとしていて、まろやかで馥郁たる香りがある。

 その後に飲んだルイジャッドの赤ワイン、「ブルゴーニュ」も久しぶりで美味しかったが、多くの人はセミナーで使った余市15年や、竹鶴21年、そして懇親会用にとっておいた宮城峡15年などを飲んでいた。

 結局、会がお開きとなったのが6時で、そのまま18時台の新幹線で東京にトンボ帰り。9時前に恵比寿に帰りついた。あとは、土曜日からシェリーツアーである。

150409_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter