1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「プロフェッショナルの集中対策セミナー」

 昨日は一日中恵比寿の仕事場で『ウイスキー通信』の原稿執筆、校正、写真選び、そして3月に行われるマスター・オブ・ウイスキーの2次試験の採点。もう一度、論文、2次試験の筆記、テイスティング、口頭試問も採点を見直し、最終決定を下す。

 夜は久しぶりの皆既月食を楽しみにしていたが、曇天で月がまったく見えず。皆既月食は昔中学校や高校の頃に、天文部、地学部だったこともあり、何度となく観察していた。特に春の皆既月食は、月がより赤くなり好きだったが、残念としかいいようがない。ついでに夜桜も見たいと思っていたが、諦めることにした。

 今朝は6時に起き、8時すぎに恵比寿を出て、飯田橋のレインボービルへ。9時20分から平成27年度のウイスキープロフェッショナルのための集中対策セミナー。今年から時間割りを変更して、午前中に私がスコッチ、アメリカン、カナディアンを講義し、午後は代表世話人の谷嶋さんがモルトウイスキーの製造、テイスティングをやることに。

 テイスティングは予定通り2種類のブラインドテイスティングをやり、そのまま2個のグラスは持って帰ってもらう。本番の試験も、同じグラスが用いられるからだ。

 結局、4時50分に予定を少々オーバーしてセミナーは終了し、そのまま電車で再び恵比寿にもどる。すでにコニサーテキストの改訂版に向けて作業が始まっているが、改めてその資料を作ってみると、この1~2年で再び大きく様変わりしていることがよく分かる。

 エキスパートにしろ、プロフェッショナルにしろ、マスターにしろ、ウイスキーの資格は一度取ったら終わりではなく、毎年のように新しい情報にブラッシュアップしてもらいたい。そのための集中セミナーでもあると思っているのだが…。

 帰りは恵比寿のアトレに寄り、久しぶりに本屋で新刊本を中心に1時間ほどチェック。ジャズのCDシリーズが出ていたので、マイルス・デイビスの号を購入。このところ、再びジャズのCDを聴いている。

150405_1.jpg


150405_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter