1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「セミナーやフェスのミーティング…」

 昨夜遅かったせいもあり、午前中は仕事がはかどらず。昼1時にサントリーさんとのミーティングが入っていたため、12時前にスコ文研。1時から、6月7日の大阪フェスの前日セミナーの打ち合わせ。

 昨年は「マッサン」の放送が秋から始まるということで、“竹鶴ノートを読み解く”と題するセミナーを前日に行ったが、今年は、サントリーの世界5大ウイスキーをテーマにやることにした。それぞれのウイスキーはサントリーさんに協賛してもらうことになるが、カナディアンとアイリッシュについては、こちらからリクエストすることにした。何でやるかは、お楽しみである。

 そのミーティング後、4時から9月の第一週に行われる長和の「ウイスキー&ビアキャンプ」のミーティング。担当のF君が上京し、5回目となる長和のアウトドアビアフェスティバルについて、その具体的な内容等について打ち合わせ。

 それにしても、長和が今年で5年とは…。昨年からクラフトビールも一緒にやるようになったが、日本初の野外ウイスキーフェスとして、今ではすっかり定着した観すらある。土・日と2日開催になって、もうすでに今回で4回目だ。

 今年は、はたしてどんなことができるのだろう。毎年、新しいテーマ、新しいプログラムに挑戦しているが、それも楽しみだ。もちろん、今年はその翌月の10月に、山梨県の清里でもアウトドア・ウイスキー・フェスティバルをやる予定だ。

 “マッサン後”に、ウイスキーで何をやるか…。本当の意味でウイスキーが問われるのは、これからだろう。ウイスキー検定も、コニサー試験も、そしてフェスティバル、スクールと、去年以上にウイスキーで盛り上げたいと思っている。

 ウイスキーの“未来への扉”は、まだ開いたばかり。そのために、スコ文研としても、ウイスキーワールドとしても、やれることは、すべてやろうと思っている。

150403_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter