2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「事務所の花見とシーバス釣り」

 とうとう4月になってしまった。去年の今頃はボトラーズフェスと白内障の手術で、てんやわんやだったが、今年はそれに輪をかけて予断を許さないスケジュールが続いている。

 昨日は朝から『ウイスキー通信』の校正をして、昼すぎにスコ文研。通信はまだ入稿まで時間があるが、『Whisky Life』のほうは、水曜日が入稿なので、その作業も終わらせてしまう。『全国商工新聞』のエッセイ原稿の校正やら、『コニサー倶楽部』の校正などもあり、日々、文字との格闘である。

 夕方一段落したところで、横の公園の桜が見頃ということもあり、ベランダとオフィス内で花見(?)の宴会。代表世話人のNさんやMさん、それにワールドのテイスターのYさん、Y岡さんも来てくれて、総勢10名ほどで久しぶりの花見の宴会。サントリーやアサヒさんから協賛のビールやウイスキーを提供いただいたこともあり、鳥の唐揚げと出前の寿司をとり、ビール、ハイボール、そしてウイスキーを堪能!
 
 特に以前いただいていた(萌木の村から)南極の氷で、初号スーパーニッカ復刻版のロックをつくり、それを飲み始めたら、これが矢鱈とうまい!結局、11時すぎまで飲んで、新事務所でのはじめての花見の宴は終了。代表世話人のNさんと歩いて恵比寿まで帰る。もうじき、今年の桜のシーズンも終わりである。

 今日は、さすがに昨晩飲みすぎたせいもあり、原稿・校正ははかどらなかったが昼すぎにスコ文研に行き、『ウイスキー通信』の校正・入稿作業。結局3時すぎまでやり、久しぶりの東京湾シーバスフィッシングのため、地下鉄と東急線を乗り継ぎ4時に田園調布駅。

 「スペイサイドウェイ」のIさんと待ち合わせて羽田・天空橋のマリーナへ。Iさんのボートで5時前にマリーナを出て、1年半ぶりのシーバス釣り。急激に温度が下がったのと、思った以上に風が強く、うねりもあったため、沖のバースでは十分な釣りができず(それでも30センチクラスのメバルと50センチのシーバスがヒット)、早々に京浜運河での釣りとなった。

 途中シーバスの入れ食いという、釣り師にとってはパラダイスの状態が続いたが、やはり風が強いこともあり、10時すぎに納竿。再びマリーナにもどり、電車を乗り継いで仕事場にもどったのは、夜中の12時半を過ぎていた…。

150402_3.jpg


150402_1.jpg


150402_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter