2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「「マッサン」がいよいよ最終週…」

 ようやく熱が下がったが、大事をとって今日は一日中鎌倉ですごす。この3日~4日で、相当に体が痛めつけられたのか、熱は正常にもどったとはいえ、体のだるさ、フラフラする感じが続いている。

 それでも、あまり寝ていられないので、8時からと12時45分からと、2回「マッサン」を観る。いよいよ今週が最終週で、ウイスキー考証として私の名前が出るのも、今日が最後なので、そのクレジット部分を写真におさめる。25週、よく出してくれたものだと、今は感謝の気持ちで一杯だ。

 この一年間は、私にとっても、本当に大きな一年だった。“マッサンと共に走ります”というタイトルのセミナーがあったが(大阪NHK)、本当に一年間、マッサンと一緒に走ってきた気がする。マッサン関係のセミナーは、おそらく30~40回を超え、マッサンがらみの取材もたくさん行った。

 ドラマがなかったら分からなかったことも、多数知ることができた。この一年で、各段にジャパニーズウイスキーについて知ることになった。もちろん、竹鶴政孝の人生だけではなく、鳥井信治郎や阿部喜兵衛、そして岩井喜一郎、それぞれの人間模様、人となりについて多くを知ることができた。

 この間、一年間『Whisky World』は、ジャパニーズウイスキーをシリーズで特集し、私も『竹鶴政孝とウイスキー』という本を書き、そして「マッサン」のおかげで、ウイスキー検定も始めることができた。今年になって、ジャパニーズに特化した検定テキストも、さらに上梓した。

 番組の製作統括、櫻井さんから監修以来の話があったのが2013年12月。それから1年と4ヵ月間、本当にマッサンと共に走り続けた時間だったかもしれない。ドラマは今週で終わるが、今週は水・木・土・日と4回もマッサンがらみのセミナーが待っている。ほっと、ひと息できるのは、まだまだ先になりそうだ…。


150323_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter