1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定2級の対策講座とテイスティング」

 水曜から取りかかっていたマスター・オブ・ウイスキーの筆記試験の問題が、ようやく昨日金曜日にできあがる。マスター・オブ(MW)は、今年で4回目だが、今年度の2次試験受験者は3名のみ。今週日曜日(15日)に、その2次試験が行われる。

 昨日は午前中、その校正をして、昼すぎにスコ文研。『Whisky World』、『ウイスキー通信』、『ウイスキーライフ』の入稿作業が続いているため、その校正作業に追いまくられているが、その間にコニサー試験、ウイスキー検定の集中セミナー、その問題作りが待ったなしにやってくる。

 それらの校正をしながら、4時と5時にミーティング。5時からのミーティングはシェリーツアーに関してで、ようやく具体的なスケジュールの確認作業。4時のミーティングは、スペシャルボトルのテイスティング、およびスペシャルブレンドで、世界に1本半しかない特別なウイスキー(1975年蒸留の40年物)をつくる作業。

 それらが一段落したところで、再びワールドのテイスティング。3日がかりで全10種類のテイスティングを完了。その後7時から、ウイスキースクールで検定2級の対策講座。今回の参加者は18名。予定を少しオーバーして9時40分すぎに終了し、そのまま歩いて恵比寿の仕事場にもどる。

 今日は午前中、ワールドのテイスティング欄のリード原稿。18本のボトルについて、その解説を書いてしまう。ワールドは3月20日が下版だが、このペースではたして終わるのか、毎度のことながら不安にかられる。まあ、なるようになるしかならないと、最後は肚をくくるのだが。

 午後は、このところ月イチで通っているマッサージで、体のメンテ。首・肩・腰がハンパなく固まっているので、このマッサージは欠かせない…。

150314_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter