1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「3日間のマラソンセミナー!?」

 金曜日から、ずっとセミナーが続いている。金曜日はスコ文研でのミーティング後、5時半に新宿の朝日カルチャーに行き、6時半から“竹鶴政孝のウイスキー人生”と題するセミナー。余市12年、カフェモルト、カフェグレーン、竹鶴ピュアモルトの4種も合わせてテイスティング。

 セミナー後、受講生のKさん、Nさんの2人と居酒屋に行き、軽く一杯のつもりが、結局閉店の11時くらいまで飲んでしまう。2人とも10年くらい前にやっていた朝日カルチャーの、レギュラー受講生。同世代(ということはオジサン)ということもあり、以来すっかり飲み仲間となっている。

 昨日は朝イチで『商工新聞』のエッセイ原稿2本を書き、12時の新幹線で名古屋へ。日曜にウィメンズマラソンが名古屋で開かれることもあって、土曜の昼頃の新幹線なのに満席だったことにビックリ。2時前に栄の会場に着き、3時から360(スリーシックスティ)のSさん主催のウイスキーセミナー。

 テーマは“マッサンのウイスキー”ということで、ドラマに出てくる「ハイランドケルト」をつくり(!)、それを交えてのテイスティングセミナー。とりあえず最初の1時間半くらいを、ドラマの裏話や、竹鶴政孝の話をし、その後、そのハイランドケルトを含む7種類のテイスティング。

 マッサンゆかりということで、①ロングモーン、②ヘーゼルバーン、③山崎18年、④白州18年、そして⑤としてハイランドケルトだ。

 もちろん、これは架空のウイスキーで、当時竹鶴たちが目標にしたスコッチのブレンデッド、それもかなりスモーキーなものということで、中身はジョニーウォーカー赤ラベルと、それに少量のアードベッグを私がブレンド。

 後でセミナー参加者に聞いたら、これが一番美味しいという声が多かった。まあ、こんな楽しみがあっても良いのかもしれない。本来なら、ラガヴーリンやカリラを入れるべきところなのだが…。

 その5種類のあと、Sさんらが名古屋のバーと組んでボトリングした、オリジナルのシングルカスク2本も特別にテイスティング。名古屋ゆかりの武将シリーズということで、織田信長と明智光秀の2本。信長がグレントファースで、光秀がオスロスクだ。ボトリングしたのは、eパワーで、その代表のMさんも来ていた。いつか斉藤道三や、その娘で信長の正室だったキチョウのボトルも出してほしいのだが。

 セミナーは予定通り5時すぎに終了し、その後、歩いて5分ほどのところにある鉄板居酒屋で、有志12~13名と懇親会。結局ホテルにもどり、チェックインしたのは、夜9時半すぎになっていた。

 今日はホテルで朝食後、歩いてセミナー会場となる栄ガスビルまで行き、スタッフのSさんと合流。9時50分から午前の部の「ジャパニーズ級対策講座」、そして午後1時50分から、もう1つの検定対策講座2級・3級集中セミナーがスタート。どちらも名古屋でやるのは初めてだが、特にジャパニーズ級の集中セミナーを、公式テキストを使ってやるのは初めてのケース。

 この時のために急遽作ったのだが、実際テキストを使って講義してみると、2時間半では、やはり時間が足りないようだ。こればかりは、他の講師に頼むわけにもいかず、私がやるしかない…。

 すべてのセミナーが終わったのが5時で、急いで地下鉄で名古屋駅に出て、新幹線で東京へ。マラソンの影響で地下鉄も名古屋駅も、そして新幹線も人だらけである。それでも8時半すぎに恵比寿の仕事場に辿り着いた。

 金曜から3日間トータルで、合計10時間近く喋ったことになる。こんなペースが、このあと1カ月近く続くが、体力・気力もそうだが、喉がもつかどうか不安である。


150308_1.jpg


150308_2.jpg


150308_3.jpg


150308_4.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter