1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「スクールとワールド座談会」

 ついに3月…。年明け早々からフルスロットルで走ってきたせいか、あっという間の2カ月だった。

 昨夜遅くに仙台から帰ったせいか、朝がツライ。しかし、午前中原稿を書いて、1時にスコ文研。2時からジャパニーズウイスキーの特別セミナー。3回シリーズの第1回目で、ペリー来航から、横浜開港、明治維新、そして明治時代の日本のアルコール事情、摂津酒造について、ドラマ「マッサン」の裏話も含めて2時間ほど講義。最後はザ・グレンリベット・ナデューラ16年、マッカラン12年、モートラック18年、そしてコーバルのシングルバレル・ライウイスキーをテイスティング。

 予定通り4時に終了し、急いでスクールの机の配置がえ。4時半から毎年恒例の『ウイスキーワールド』のテイスティング座談会。昨年4月号から今年の2月号まで、過去6回分のテイスティングボトル108本の中から、2014年のベストウイスキーを選ぼうというもの。そのすべては揃わなかったが、30~40本を用意し、スコッチのシングルモルト、ブレンデッド、アイリッシュ、ジャパニーズ、アメリカンの順に検証してゆく。

 それぞれのカテゴリー別のベストウイスキーが決まったところで、その他の賞についても話し合う。ベスト話題賞や、ベスト蒸留所、ベスト・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーや、ベストバーなども次々と決定し、最後に昨年新設したウイスキーレジェンドについても話し合うが、昨年の竹鶴威さんのような、いわゆるウイスキー業界の“伝説”となるべき人がいないので、今回はなしと決定した。

 一度5分ほど休憩をはさんで、こんどはワールド10年分のボトルについても、座談会を行う。なんとこの10年でテイスティングしたボトルは1104本(!)。そのすべてについて2人のテイスターがコメントを書き、そして採点しているのだから膨大なデータとなる。今となっては貴重なボトルも多く、1本100万円近くしているものもある。

 それにしても、よく続いてきたものだと思う。テイスター5人も、10年間変わらず、そしてよくぞ無事だったと思わざるを得ない。スタートした時点では30代、40代、私が唯一の50代だったが、今は5人の平均年齢が54歳(!)だ。この先10年続くかどうかは、なんとも心もとない。

 結局、その後テイスティング以外の、この10年間のウイスキー事情、ウイスキーを取り巻く環境の変化なども話し合う。座談会は結局9時まで続き、ようやく閉会。途中、2度の休憩を入れ、ピザの出前なども取ったが、延々4時間半以上ウイスキーを飲み続けたことになる。私はその前のスクールから4種のテイスティングをしていたから、トータルで40種近くを飲んだだろうか。もはや体力勝負、肝臓だのみのマラソン座談会である。

 その後、簡単な後片づけと、ミーティングをして、恵比寿にもどったのは10時半すぎになってしまった。3月早々、ハードな一日である。

150301_2.jpg


150301_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter