1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ペリーが持ってきたウイスキーとは…」
 午前中、通信の校正作業と、『アナログ』の原稿。進行していることが山のようにありすぎて、なかなか原稿と校正に集中できないのがツライ。できれば原稿と校正に集中したいのだが、毎日のように新しい仕事が舞い込み、その対応に追われる日々が続いている。

 2~3日前の暖かい日とは、うって変わって朝から冷たい雨。その中を歩いて昼すぎにスコ文研。今週土曜日には仙台に行かないといけないので、その準備。さらに翌3月1日の日曜日には、ジャパニーズ級のため(?)の特別セミナーの第1回目。

 このセミナーは、いわゆる対策講座と違って、日本のウイスキーの歴史、そして「マッサン」の裏話などを(それがメイン…)、毎回4種類のウイスキーを飲みながら講義するというもの。1日の第1回目は、ペリー来航がテーマで、その時ペリーの艦隊が積んでいたスコッチ、アメリカンウイスキーとは何だったのかを話したいと思っている。

 そのために選んだウイスキーはザ・グレンリベットとマッカランとモートラックと、そしてコーバルのライウイスキー。なぜ、これらのウイスキーを選んだのかについては、講義のお楽しみである。ちなみにモートラックは3月に出る新商品の18年(!)。これが飲めるだけでも、お徳だと思うのだが…。

 それらの準備をしながら、3時から京都フェス、秩父フェスの反省会。それが終わったところで4時半から検定のことで、再び日販さんとミーティング。5月31日の試験に向けた、具体的なスケジュールの確認である。

 そういえば日曜日はセミナー後、スクールをそのまま使って、『Whisky World』の恒例テイスティング座談会。そして創刊10周年の特別座談会をやる予定。いつものテイスター5人に、発行元のゆめディアW社長、そしてスコ文研代表世話人のSさんも加わってもらう予定だ。

 今年一年、とにかくワールドの10周年ということで、多くの特別企画をやろうと思っている。発行元も変わったが、スコ文研もその間に南麻布から西麻布、そして広尾へと3回事務所が変わっている。誌名も『The Whisky World』から、ザなしの『Whisky World』へ変更になっている…。

20150226_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter