2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「湘南藤沢で竹鶴セミナー」

 このところ通信とウイスキー検定のJW級テキストの執筆校正に追われている。昨日のバレンタインデーも一日中恵比寿の仕事場で、『ウイスキー通信』の巻頭エッセイ、検定を終えての原稿と、『商工新聞』の連載原稿、そして通信の座談会の原稿まとめ、検定テキストの校正である。

 ほぼ一日中、その作業に費やしたため、一歩も外に出ることが出来ず。腰と首・肩のコリがハンパでなくなる。眼も完全にショボショボ状態だ。

 今朝も11時まで原稿やテキストの校正をして、その後湘南新宿ラインで藤沢へ。江ノ電ビルの7階で開かれた「イギリス文化に親しむ会」の定期セミナーで、竹鶴政孝とそのウイスキーについて話をする。

 このイギリス文化の会は、もうじき30年を迎えるということで、考えてみたら私も1998年から、2~3年に1回くらいの割合でセミナーを引き受けている。数えたら今回で5回目の講演だ。さすがに、今ドラマでやっているということと、ジャパニーズウイスキーが人気なのか、いつもに増して受講者が多い。トータルで45~46名だろうか。例によって1時間ちょい話をして、その後3種(余市12年、宮城峡12年、竹鶴ピュアモルト)のテイスティング。

 主催者のおひとりであるKさんから、1日遅れのバレンタインチョコと、2日早いバースデープレゼントの花をいただいた。1時半に始まったセミナーは3時半すぎに終了し、その後、藤沢で買物をして、そのまま鎌倉の自宅にもどる。

 早いもので、還暦祝いのパーティーをやってから、あと2日で1年である…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter