1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「フェスオリジナルのミニボトル4種」

 昨日は新しく入ったスタッフ3人の歓迎会を7時から、事務所のすぐ傍にある焼き肉店で行う。スコ文研のスタッフも、これで総勢7名となった。

 今日は午前中、『サンデー毎日』の電話取材を受け、グレングラントの50年物(1本150万円、限定10本で販売)についてコメント。昨年5月に蒸留所ツアーでグラントに行った時、デニス・マルコムさんから、実は飲ませてもらっていた。それも1963年の樽から直接だ。その時の印象も交えて、40分ほど話をする。

 それにしても、相変わらずウイスキーの話題がつきない。今入稿作業をしている『ウイスキー通信』の巻頭コラム(「ウイスキー日和」)は、スコッチの新しい蒸留所について書いたが、いずれは、日本の新規蒸留所についても書かなければならないだろう。いわばイチローさんの秩父につぐ、第2、第3のイチローズである。

 その秩父フェス、京都フェスが、あと一週間と迫ってきたので、4時すぎからフェスの最終ミーティング。今回、同じ日に2つのフェスがあるため、その人員配置や荷物の梱包、発送作業が大変なことになっている。

 すでに京都フェスオリジナルボトル2本は出来上がっていたが、それらフルボトルとは別の、100mlのスコ文研オリジナル・ミニボトルの製作も急ピッチで行い、京都フェス、秩父フェス各4種、計8種類のラベルを作り、それを貼る作業。

 中身は4種類で、1つはスコッチのブレンデッドモルト、もう1つは同ブレンデッド、さらにジャパニーズのブレンデッドモルト、アメリカンである。すべて私がオリジナルでブレンドしたもので、それぞれ「ピートボグ」、「ザ・マリッジ」、「ヤマト」、「サイプラス」という名前が付けられている。

 「ピートボグ」はその名の通りで、アイラモルト数種をブレンドしたもの。「ザ・マリッジ」は、スコッチのブレンデッド10種類近くを混ぜたもので、「ヤマト」は日本のシングルモルトをやはり数種類ブレンドしている。「サイプラス」は糸杉のことで、バーボンメーカーで糸杉製のファーメーンターを使っている蒸留所(といえば分かるだろう)のウイスキーをミングリングしたものだ。

 京都と秩父は、ラベルのデザインだけが違っていて、中身は同じである。それら8本の写真を撮り、フェイスブックなどにアップする。あとは当日のお楽しみだ。来週にかけ、準備はまだまだ続く…。

150213_1.jpg


150213_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter