1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ジャパニーズ級の公式テキスト作り」

 建国記念日で休日だが、朝からウイスキー検定のジャパニーズ級のためのテキストの校正作業。急遽100ページくらいのテキストを作り、自費出版することになったので、その校正作業に先週くらいから追われている。なんとしても3月中旬までに本として出してしまいたいからだ。

 ジャパニーズ級は、最高ランクの試験なので、申し訳ないが、このテキストだけというわけにはいかない。私の書いた『竹鶴政孝とウイスキー』や、『シングルモルトウイスキー大全』、『ブレンデッドウイスキー大全』の、ジャパニーズウイスキーのところも読んでもらう必要がある。将来的には、それらすべてを集めて一冊の本にしたいと思っているが、今はそれをやる時間がない。まずは5月31日に迫った検定のための、ガイドブック的なテキスト作りである。

 さすがに一日中その作業をやるのはシンドイので、途中『ウイスキー通信』、『Whisky World』用の原稿準備。このところジャパニーズばかりで、スコッチの情報を新しくできていないが、スコッチもここへきて、にわかに動きが急になっている。ディアジオ、ペルノリカール、エドリントンのメガ蒸留所の話も面白いが、マイクロディスティラリーがぞくぞくと誕生し、その中には、私自身、まったく知らないものも存在する。

 一度それらの情報を整理しておかなければと思い、テキストの校正作業の合間に、英文資料に目を通す。キングスバーンズ、バリンダルロッホ、エデンミル、ダンカンテイラーなど、新しい蒸留所が目白押しだ。

 それらの作業が一段落したところで、さすがに眼にも腰にもシンドイ状態が続いていたので、夕方、恵比寿から目黒、五反田方面まで1時間ほどのウォーキング。ジャパネットで例のウォーキングシューズを買っていたので、その履きおろしでもある。そういえば昔、新しい靴をおろすときに、それが夜間であれば、お袋が靴の裏にツバを吐きかけ、おまじないをしていたのを思い出した。

 わが家は靴屋だったので、その光景をよく眼にしていたが、あれはいったい何のおまじないだったのだろう。下駄には、そんなことはしていなかった。

 下駄といえば、ドラマ「マッサン」の最初のほうで、エリーさんが下駄の鼻緒をゆう内職のアルバイトをしているシーンがあったが、あれは、どう考えてもムリだろう。素人が簡単に下駄の鼻緒をゆうのは不可能だと思うからだ。これも小さい時から、両親が鼻緒をゆうのを身近で見てきたが、それ専用の独特のキリを使わなければならない。だから、私も一度もやらせてもらえなかった。今思うと、一度くらいはやらせてもらっても、よかったと思うのだが…。

150211_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter