1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「横浜中華街の新年会に出席」

 昨日は午前中、『ウイスキー通信』のテイスティングコーナーの校正をして、午後は『商工新聞』のエッセイ原稿2本。6回分まで書いていたので、7回、8回分を書いてしまう。

 その後、久しぶりに鎌倉の自宅にもどる。正月以来だから、実に1カ月ぶりだ。6時前に駅に着いたが、日がかなり長くなっている。観光名所の1つである段カヅラは修復工事のため完全に囲われ、桜の木もすべて伐採されてしまった。

 今日は鎌倉の自宅で午前中『ウイスキー通信』の校正をして、午後大船のメガネ店、ヤマダ電器。ようやくiPadのカバーを購入。4時前に大船から電車で横浜に出て、みなとみらい線に乗り換え、元町中華街へ。5時から開かれた、横浜のバーテンダー主催の新年会に出席。

 これは「グレートウォール」のCさんや、「グローリー大倉山」のMさん、石川酒販のIさんらが中心になって毎年2月に開いているもので、今回の参加者は60人超。昨年は白内障の手術と、『ブレンデッドウイスキー大全』の追い込みで出席できなかったので、私にとっては2年ぶり。

 驚いたことに、昨年還暦を迎えた私のために、フリースの赤いウインドブレーカーを用意してくれていて、会の冒頭でプレゼントされた。まったく予期していなかっただけに、正直嬉しかった。毎年思うことだが、横浜のこの会は、ホームグラウンドにもどってきたような、懐かしさ、楽しさにあふれている。もちろん、中華(華正樓本店)もおいしかったし、紹興酒もじつにおいしかった。

 結局、会は8時にお開きになり、私と一緒に参加していた代表世話人のSさんの2人で、再び電車で都内にもどる。Sさんは、テレビ朝日のワイドショー収録のために、夜11時すぎに六本木のテレ朝に行かなければならないという。ペット訴訟のコメンテーターとして、引っぱりダコなのだ。

150209_1.jpg


150208_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter