1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「今年初のブレンデッドマラソン」

 季節は確実に巡ってくるというか、早いもので今日はもう立春である。昨日の節分は結局恵方巻は食べられず。9時近くにスコ文研を後にして仕事場にもどったが、月が皓皓と輝き、その横にマイナス2等星くらいの星が明るく光っていた。土星か木星のどちらかだと思うが、忙しくて星図を確かめる余裕はなし。

 今日は昼すぎにスコ文研に行き、京都フェスや秩父フェスの準備。京都フェスのセミナーの集客がイマイチなので、そのチラシを作り、急遽DMを発送することになった。特にテキーラセミナーが苦戦中…。こんな貴重なテキーラを飲む機会はめったになく、私自身が参加したいくらいなのだが。

 それらの準備をして、3時45分から、そのフェスのミーティング。今回スコ文研は秩父の方にも出展するので、ダブルで物販やボトルリストなどをチェック。ちょうどミーティングが終了するころに、スリーリバーズから京都フェスオリジナルのストラスアイラとベンリネスの2種類、計80本近くが届いた。それを確認して、その後7回目となる「ブレンデッドマラソン」の準備。

 新事務所のスクールでやる今年初めてのブレンデッドマラソンで、今回は①フェイマスグラウス、②同ブラックグラウス、③グレートキングストリート、④同ニューヨークブレンド、⑤ヘイグ・ディンプル、⑥ヘッジス&バトラーの6種類。

 フェイマスグラウスはイギリスで最も飲まれているスコッチウイスキーで、世界的に見てもスコッチの売上げ第6位。エドリントングループが所有するブランドで、ブレンドにはマッカランやハイランドパーク、グレンロセス、そして今はイアンマクロード社に移ってしまったタムドゥーのモルト原酒がふんだんに使われている。そう意味では、コスパが非常に高い。ブラックグラウスは、そのスモーキーバージョン。おそらくアイラモルトのカリラなどが使われているのだろう。

 ③④はコンパスボックス社のブレンデッドで、グレートキングストリートはエジンバラの実際の地名。この通りの24番地にコンパスボックス社が会社登記をしていることから、このブランド名が選ばれたのだ。3種のモルトと1種のグレーンから成り立っている。

 ニューヨークブレンドは限定1840本で2012年に売りだされたリミテッド。これは同社から直接購入した。1894年、ニューヨークに初めて瓶詰スコッチが輸入されたことを記念してのボトルだという。実はそれまでアメリカにはボトルではなく、樽(バルク)で輸出されていたのだとか。

 ⑤⑥は、どちらも往年の名品。しかし最近はめっきり飲む機会が少なくなってしまった…。ということで、7時から始まったブレンデッドマラソンの第7回目も、9時に予定通り終了。例によって、その後有志で恵比寿駅前の蕎麦屋に行って、軽く打ち上げ。今年初めての蕎麦を堪能した。

 そういえば、京都フェス、秩父フェス用に作ったカンバッジが届いたので、さっそくそれを服につけていたが、蕎麦屋までそのままで行ってしまった。

150204_1.jpg


150204_2.jpg




150204_3.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter