2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ビームサントリーのブランド説明会」

 『ウイスキー通信』、ウイスキーコニサーのプロフェッショナル過去問題集、そしてウイスキー検定のジャパニーズ級のテキストの校正作業が続いている。ほぼ一日中机に座って、活字とにらめっこをし、原稿を書く作業は眼にも良くないが、首・肩・腰に相当こたえる。特にここ数日、腰痛に再び悩まされている…。

 午前中、それらの校正作業をし、昼すぎにサントリーホールへ。1時から開かれたビームサントリーの5大ウイスキーブランド説明会に、参加させてもらう。この日は全国の営業さん2000名近くが一堂に会していた。

 サントリーが昨年ビーム社を買収して、ビームサントリーが出来たことは周知のことだが、このビームサントリーは世界の5大ウイスキーすべてを、そのポートフォリオに持つ唯一のスピリッツメーカーだ。その5大ウイスキーを代表して、この日はアメリカンのジムビーム、メーカーズマーク、スコッチのラフロイグ、ボウモア、アイリッシュのクーリー(カネマラ)、キルベガン、カナディアンのカナディアンクラブ、そして日本の山崎、白州、響などのブランドが、各マスターブレンダー、マスターディスティラー、ブレンドアンバサダーたちによって、プレゼンがなされた。

 ジムビームについては先週フレッド・ノオさんにインタビューし、その造りや内容について聞いていたが、マーケティングの話は初めてで新鮮であった。ジムビームのグローバルセールスの目標は、年間の売上げを1000万ケースに乗せることで、まさに同じアメリカンのジャックダニエルに追いつけ、追い越せである。現時点でのギャップは、まだ400~500万ケースほどあるはずだ。

 日本市場における今年の目標は40万ケースで、いずれは輸入洋酒のナンバーワン、年間80万ケースを目指すという。スコッチ、アイリッシュの3つのブランドは“3ピート”と称して、スモーキーさ、ピーティさを強調してゆくという。キルベガンは現存する蒸溜所としては世界最古で(1757年創業)、使用しているスチルも世界最古のもの。ただし、こちらは“3ピート”には入らない。いずれにしろ、それぞれのブランドの歴史から、現在の造りの特徴、そして製品にいたるまで、話はじつに興味深かった。

 結局4時半くらいまで聞いて、その後はタクシーでスコ文研にもどる。プロフェッショナルの過去問など、入稿しなければならない作業が、まだまだ残っていたからだ。

 “ウイスキーパワーハウス”、ビームサントリーは自らをそう称し、ウイスキーを世界に売ってゆくことを高らかに宣言したが、まさにその通りだと思う。日本のウイスキーファン、世界のウイスキーファンを、どんな風にアッと言わせてくれるのか、これからが、ますます楽しみだ。

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter