1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「モートラックのローンチセミナー」

 例によって午前中は恵比寿の仕事場で『ウイスキー通信』の原稿と校正。そして今夜のモートラック・ローンチイベントのセミナー準備。

 そういえば昨日印刷所から『Whisky World』の最新号が届いたばかり。今月の表紙は、雪の中のマルス蒸留所だ。とにかく今月号も無事、時間通りに発行できたことにホッとしている。毎度のことだが、最後の追い込みの時には、「こんなで本当に出るのだろうか?」と、我ながら不安になるが、なるようになるものである…。次こそは、もっと余裕を持ってと思うのだが。

 2時半に「ウイスキー検定」のことで日販さんとミーティング。ようやく合否通知を発送しおわり、合格者特典の申し込みや第2回ウイスキー検定の申し込みもはじまっている。そのことを踏まえてのミーティングだったが、協賛バー、検定対策講座の段取りも、もう待ったなしである。いよいよ試験日まで4カ月だ。

 検定のミーティング後、再び事務仕事にもどって、5時半にタクシーで東京タワー近くの会場に向かう。2年くらい前にできたウェディングホールらしく、本当に目の前に東京タワーが迫っている。こんな近くでタワーを仰ぎ見るのは、いったい、いつ以来だろうか。もしかすると40年ぶりくらいかもしれない。

 1976年に学習院大学探検部としてラダックに遠征隊を出した。その時、現地でお世話になったサジャットさんが日本に来て、そのサジャットさんを案内して東京の観光名所を回った。確かその時に、サジャットさんと一緒に東京タワーに登ったように思う。標高3500メートルのレーの町に暮らしているのに、「高い所はどうも苦手です」と言っていたのを思い出した。サジャットさんはラダック人だが、先祖はカシミール人で、イスラム教徒であった。

 まあ、それはともかく、6時前にイベント会場について、まずは全体のリハーサル。立ち位置やマイク、全体の進行をチェックし、控室で軽く夕食。イベントは予定通り7時にスタート。まずはブランドアンバサダーのボブさんが、流暢な日本語で、ブランドヒストリー、モートラックのDNAについて、30分ほど説明。一度、歓談タイムをはさんで、7時50分くらいから、私のテイスティングトークショーが始まる。

 モートラックの最大の特徴である「2.81回蒸留」について、ポイントを説明し、それから「レア・オールド」「18年」「25年」を順番にテイスティング。もちろん、何故ディアジオ社が、今回28蒸溜所の中からモートラックを選んだのかということについても、私なりの考察を述べさせていただいた。

 トークショーは、予定通り8時半すぎに終了し、その後は再び歓談タイム。最後は会の終了を見届けて、9時すぎにこちらも会場をあとにし、再びタクシーで恵比寿の仕事場にもどった。

150129_2_20150202185010544.jpg


150129_1_20150202185009bf4.jpg


150129_3_201502021850122bf.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter