1
3
5
15
16
17
19
21
22
25
26
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ビームとジャックの白と黒の戦い!?」

 連日セミナーや取材、そしてミーティングが続いている、今日は10時半すぎに原宿の表参道ヒルズに行き、11時から開かれたビームサントリーのジムビーム・イベントに参加。サントリースピリッツの小泉社長、ビーム社のケビン・ジョージ氏、7代目マスターディスティラーのフレッド・ノオ氏が、それぞれプレゼンを行い、最後にゲストとして、テレビCMに起用されているローラさんが登場。クール・ビームを強くアピールしていた。

 サントリーのウイスキー部門で一番売れているのは角瓶。たしか2013年で、その販売量は300万ケースくらいまで行っていたと思うが、小泉社長によると、ジムビームを日本市場において、角に次ぐ商品に育て上げたいという。目標は80万ケースで、もしこれが実現すれば、アメリカに次いで、日本がジムビームの第2位の市場ということになる。クールバーボン、クールジムビームをどこまで?訴求できるかが、その鍵を握っているだろう。

 現在、日本市場でナンバーワンアメリカンのジャックダニエルが黒、そしてジムビームが白。これから日本において、白と黒の熱い戦いが始まることになる。ジャックは日本においてイメージキャラクターを展開していないが、ジムビームは去年から、ディカプリオ、そしてローラさんと、そのイメージを前面に押し出している。

 それはともかく、そのまま原宿からスコ文研にもどり、3時からスタッフミーティング。4時から『ウイスキー通信』などの印刷をお願いしている昭栄印刷さんに来てもらって、「ウイスキープロフェッショナル過去問題集」、そしてウイスキー検定、ジャパニーズ級のテキストの打ち合わせ。プロフェッショナルの過去問は、第2弾で、去年5月の試験問題までを収録している。ジャパニーズ級のテキストは今回新たに作るものだ。

 さらに6時から、『ウイスキー通信』のデザイナーIさんに来てもらって、進行等のミーティング。恒例のテイスティング座談会、特別企画の“竹鶴威さん追悼座談会”の収録は、これからだ。

 と、同時にウイスキー検定の合格者特典のひとつであるニューズレターについても、午後のスタッフミーティングで話し合う。コンテンツも含めて、すべては1からの取り組みとなる。いずれにしろ、第1回の合否通知は今日くらいに届いているハズなのだが…。

150129_2.jpg


150129_1.jpg


150129_3.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter