1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「MWの論文審査と朝日カルチャー」

 午前中、朝日カルチャーの準備をして、昼にスコ文研。1時半からマスター・オブ・ウイスキー(MW)の論文審査・判定会。私を含めて4人の審査員に論文の審査、採点をお願いしていたが、それを持ち寄って集計し、今回の合格者を決定する。ただちに、その結果を受験者に通知し、3月15日の2次試験の申し込みをしてもらうことに。

 その後4時半から三越トラベルセンターの担当者2人とミーティング。3月25日(水)に「マッサン、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝 琥珀色の夢とバグパイプの調べ」という特別バスツアーを行うことになり、その講師として招かれたためだ。私が、そのツアー参加者のために特別テイスティングセミナーを行う予定だ。

 ミーティング後、すぐにスコ文研を出て、電車で新宿へ。6時半から、こんどは新宿住友ビル内の朝日カルチャーセンターで、スコッチセミナー。1月から3月にかけて合計3回行うセミナーの第1回目で、今回はマッサンの原点となったスコッチウイスキーについて。

 スコ文研のスタッフが手一杯だったので、私一人で行き、事前に4種類のウイスキーをグラスに注ぎ、受講者に配るところから準備。セミナーは予定通り6時半にスタート。テイスティングは、デュワーズ12年。ザ・グレンリベット16年ナデューラ、マッカラン12年、ラフロイグ10年で、初心者が多かったので、デュワーズから始める。最後に感想を訊いたら、一番良かったのはマッカラン、グレンリベット、ラフロイグの順になった。

 新宿の朝日カルチャーは、3年ぶりくらいかと思うが、やはり「マッサン」の影響で、ウイスキーに関心を持つ人が増えたと感じた。最初にドラマを観ているか尋ねたら、1人を除いて全員が観ていると答えていた。

 2回目の次回(3月6日)は、その「マッサン」のドラマの舞台裏も含め、ジャパニーズウイスキーについて語る予定だ。そして3回目は、3月28日(土)。これは“野外セミナー”として、神楽坂の「M’s BAR」で開催予定。バーという空間の中で、スコッチ、ジャパニーズ、そしてバーでの愉しみ方についても語る予定だ。

 本当は時間があれば、もっと多くのセミナーをしたいのだが、時間がない。多くの申し入れの中で、なるべく平等になるように仕事を引き受けているつもりだ。

 ということで9時前にカルチャーを後にして、再び電車で恵比寿の仕事場にもどり、一人で遅い食事…。


150128_1.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter