2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「モートラックセミナーの打合わせ」

 このところ第2回ウイスキー検定の、ジャパニーズ級(JW)のテキスト作りの作業に追われている。基本はコニサーのテキストなのだが、その中からジャパニーズの章だけ抜き出し、それに大幅な修正を加える作業を続けている。なんとか2月中には出したいと思っているのだが…。

 昨日は午前中その作業をして、昼すぎにスコ文研。私の恵比寿の作業場から近くなったので、歩いて行くのも、さほど苦にはならない。むしろ運動不足にならないかと、その方が心配だ。スコ文研で、来週月曜に行うジムビームのフレッド・ノオさんのインタビューの質問事項をまとめ、それをサントリーに送信。来週からビーム関係の仕事が相次いでいる。

 それはともかく、3時からこんどはモートラックのローンチイベントのミーティング。1月29日にプレスを集めた一大イベントがあり、その講師を頼まれたからだ。モートラックがレアオールド、スペシャルストレングス、18年、25年の4アイテムを発表したのは昨年のアタマのこと。それがついに日本でも正式に発売されることになったのだ。

 スペシャルストレングスは免税店オンリーなので、実際には3種だが、それをテイスティングしながら、トークセミナーを行うことになった。そのためのミーティングで、ディアジオから3人が来社し、当日のスケジュールなどを確認。

 ミーティング後6時すぎに恵比寿にもどり、いただいたモートラックの資料に目を通す。一番興味深いのは、なんといってもモートラックの「職人でも理解するのに半年かかる」といわれる、複雑な蒸留システムだが、チャート図や英文の説明を読んでも、やはり完全には理解できない。

 2005年にモートラックを取材したことがあるので、まだいいが、そうでければチンプンカンプンかもしれない。それほど特殊で複雑なシステムなのだ。ディアジオのマスターブレンダー、ジム・ビバレッジさんが言うように、「モートラックは3つの蒸溜所が1つ屋根の下に同居している」ようなものかもしれない。

 今日は午前中、『ウイスキー通信』の蒸溜所探訪記の原稿5枚を執筆。当初、信州マルス蒸溜所を書こうかと思ったが、せっかくモートラックセミナーをやるので、モートラックでいくことにした。その後、今年になって再開した「世界のウイスキーニュース」の原稿3本、そして午後からはモートラックの新商品3種をテイスティング。

 改めて、これはモートラックの蒸留システムや、樽のポリシーなどが分からないと、面白さが半減すると思った。なぜモートラックが唯一無二で、ディアジオ社が傘下の28蒸溜所の中からモートラックを選んだのか。タリスカーと対照的なスペイサイドから選ぶということなら、クラガンモアやグレンエルギン、あるいはリンクウッド、グレンロッシー、さらにはダルユーイン、ストラスミルだって選ぶことができる。その中でモートラックを選んだのは、それなりの理由があるからだ。

 セミナーもだが、今後が楽しみな、ある意味ディアジオの“真打”の登場かもしれない。

150124_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter