1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキーワールドの下版作業」

 昨日、今日と『Whisky World』の校正、下版作業。サントリー、アサヒ、本坊、キリンと、今回のジャパニーズ特集(第3弾)の原稿・誌面等の確認をしてもらう。今回、表紙は先週木曜に行った信州マルス蒸溜所に決定。古くなった2基のスチルが外に展示してあるが、そこに雪が降り積もって幻想的な風景となっている。

 その下版作業の合間をぬってミーティング。京都フェスや秩父祭、さらに次号『ウイスキー通信』、各種のスクールやセミナーの件をミーティングで確認。今日から再びスタッフのK君がもどってきたので、もう一度スケジュールの確認を行う。

 引っ越し作業がまだ一段落したというところだが、すでにワールド、通信、フェス等の作業は待ったなしだ。来週からは再びスクールやセミナーが目白押し。第2回ウイスキー検定で実施する「ジャパニーズ級(JW)」のためのテキスト作成も急遽決定し、その校正・執筆作業も先週から行っている。

 というところで、それとは別に4時にカバランウイスキーの輸入元の1つである大阪のエマナックグループのTさんが来社。お土産に蒸溜所限定のシングルカスクのカバランをいただく。ぜひ来年は、カバラン蒸溜所を訪れるスペシャルツアーも企画したいと思っている。

 台湾にはカバランの他に、第2の蒸溜所もできている。ついでに文山包種など、台湾茶、ウーロン茶、そして台北の酒屋やバーも回りたいものだ。なにより、時差がないのがありがたい…。

150120_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter