1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「週刊文春のグラビア・インタビュー」

 朝から『Whisky World』の校正、そして最後の原稿。昼すぎにスコ文研に行き、それらの入稿作業。まだまだチェックしていない原稿、ページが多く、少々焦りを感じる。その間にも取材や、ラジオなどの出演依頼が入ってくる。

 3時に『週刊文春』の編集部次長Iさんと、ライターのKさんが来て、巻末グラビアの“私の取り寄せ便”の取材。昨年暮れに依頼があったもので、あまり取り寄せ便というのはやらないが、ウイスキー、酒のつまみということで、横浜燻製工房のカラスミにした。そのための簡単なインタビューである。

 わずか1ページの紙面なので、インタビューは30分ほどで終了したが、編集部次長のIさんが、相当なシングルモルトファンで、全国あちこちのバーにも行っているらしいので、そこからはシングルモルト、ウイスキーの話になる。ただ入稿が気になっていたので、4時には切り上げ、再びワールドの校正、入稿の確認。

 大阪ゆめディアのM君と何度も電話で確認作業をして、来週のスケジュールも聞き、6時半に事務所を後にする。残りは明日土曜日、そして週明けの月曜日の作業となったからだ。

 ワールドの入稿作業と並行してウイスキー検定の2回目のパンフレット、合格者特典のカード、名刺、そしてピンバッジ、グラス等のチラシの入稿、京都フェスのチラシ、ポスターの入稿作業が続く。今月下旬には第1回目ウイスキー検定の合否通知を出さなければならないからだ。それが終われば待ったなしに『ウイスキー通信』、京都フェスの作業にかからなければならない。

150116_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter