1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「信州マルス蒸溜所を電撃取材!?」

 再び朝5時半に起きて、7時半に恵比寿駅西口に集合。カメラマンのW君、ライターのN君と待ち合わせて、W君の車で一路信州マルス蒸溜所を目指す。天気予報では発達した低気圧が本州南岸沿いを通過して、太平洋側では激しい雨、山ぞいではかなりの雪になるという。中央高速で3時間半くらいかかるから、なるべく早めに出発したいと思っていたのだ。

 とりあえず行きはスムーズに流れ、心配していた雨も途中まではなく、かなり予定より早くに諏訪インター着。コーヒーブレイクを取り、再び高速で駒ヶ根インターを目指す。諏訪湖はまだ凍ってなく、湖面にはドーム型のワカサギ船が見える。しかし、諏訪から名古屋方面に向けて南下したとたんに雨はみぞれとなり、駒ヶ根インターをおりたあたりからは、それが雪になる。

 マルス蒸溜所に着いたのは10時すぎで、さっそく事務所でKさんや、工場長のTさんらの話を聞き、窓の外の雪も気になっていたので、生産棟を案内してもらう。昨年11月にマルスでは1960年から使い続けていたポットスチル2基を、新しいものに入れ替えたが、その初蒸溜が行われている。

 マルスの仕込みはワンバッチ麦芽1トン。主にイギリスのクリスプ社製の麦芽で、今年はコンチェルト種だとか。従来はライトピートが多かったが、今年からはノンピートを多めにしたという。糖化、発酵と順に見せてもらい、そして最後が新しいポットスチル。

 大きさ、形状は1960年に岩井喜一郎が設計したものと同じだが、今回初留にはサイトグラスをつけ、さらにスチーム過熱の形状をコイルからパン、パーコレーターに変えたという。もちろん、製作は三宅製作所だ。ちょうど訪れた時には初留も再留も行われていたので、ニューポットをテイスティングさせてもらう。

 2011年2月の再開直後のニューポットより、はるかにクリーンで華やか。それでいてボディのしっかりとした、リッチなフレーバーがあると感じた。ちょっとアイラ島のキルホーマンのニューポットの感じに似ている…。

 その後、熟成庫、売店と回って、いくつか試飲させてもらったが、その間も雪は激しくなるばかり。小一時間で3~4センチ雪が積もっている。あまり長くも居られないと思い、12時半頃に蒸溜所を後にして、Kさんの案内で、駒ヶ根名物のソースカツ丼の老舗に行き、急いでカツ丼をいただく。佐渡のもソースカツ丼があったが、それとはスタイルが違う。

 本当はゆっくりもしたかったのだが、そうもいかず、1時すぎに店を出て、慌てて駒ヶ根インターから再び中央高速に。すでに積雪は10センチ近くになり、ところどころで車がスリップして停車しているのが見える。いつ閉鎖になってもおかしくない状況なので、ひたすら東京を目指すことにした。

 途中、雪渋滞にも巻き込まれたが、ラッキーなことに通交止めにもあわず、5時半すぎにスコ文研オフィスに無事到着。時間によっては直帰しようとも思っていたが、ワールドの進行も気になっていたので、事務所に寄り、入稿作業を確認。

 毎度のことだが、来週月曜日の下版に向けて、時間との闘いが続く。ホントにこれで雑誌が出るのかしらん…。

150115_1.jpg


150115_2.jpg


150115_3.jpg


150115_4.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter