2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「サントリー大阪工場と三宅製作所…」

 新年早々、3日間の出張はさすがにキツイ。しかも取材スケジュールがタイトで、息つくヒマがほとんどないのだ。

 今朝も5時半に起床し、7時すぎにホテルで朝食。本日のスケジュールを確認し、その取材のための資料読み。出張中も原稿が書けるようにと原稿用紙とシャープペンをもってきたが、ホテルの部屋には机がなく断念した。資料を読むだけでも、時間がない。

 9時すぎに再びM君、W君と合流し、まずはサントリーの大阪工場へ。ここは寿屋が1910年代に、赤玉ポートワインの瓶詰め工場として建設したのが始まり。もうじき設立100年となる工場だ。1920年代のアタマには連続式蒸留機も設置し、独自のアルコール蒸留も始めている。当初は発酵も行っていたが、現在は粗留アルコールを輸入し、ここで精留を行っているという。現在はリキュール製造、梅酒製造がほとんどだ。

 事務棟の入口のところには創業者・鳥井信治郎の銅像が建てられている。山崎の銅像が手にしているのはウイスキーだが、ここの銅像が手にしているのは赤玉ポートワイン。とりあえずレセプションで説明を受け、その後、リキュール製造用の蒸留棟に案内される。ジンや梅酒、ゆず酒、リキュール用のユニークなスチルが4基並んでいる。

 ジン用のスチルは1950年代製のロンドンジン用の首の長いスチルで、首の部分にはウォータージャケットが取り付けられている。レセプションで、そのジンもテイスティングさせてもらったが、実に美味しいジンである。

 結局、工場には予定をオーバーして1時間半ほどいて、その後車で西淀川の三宅製作所に移動。現在はほとんど高崎工場に生産拠点を移しているということだったが、取材に応じるため、わざわざ三宅社長が群馬からかけつけてくれていた。そこで三宅の歴史や、具体的な製造の話などをうかがう。もちろん、「マッサン」の中のスチルを新品同様に磨いたのも三宅で、2つのスチルの製造年代の違いなど、専門家にしか分からない話も聞けて、非常に興味深かった。

 ただし、どちらも三宅の制作ではないという。山崎と余市の1号スチルはどちらも渡辺銅鉄工場の製作だったと思うが、そこと三宅製作所はまったく関係がないという。渡辺銅鉄工場の後身が三宅だと思っていたが、そうではないらしい。三宅がスチルなどの製造を手がけるようになったのは、戦後のことだという。やはり、実際に現場で取材しないと分からないことが多い。

 ここでも時間がなく、1時間ほどで取材を切り上げ、再び難波に向い、2時から難波のスイスホテルで、摂津酒造4代目の阿部喜兵衛さんに、インタビュー。安部さんに話を聞くのは昨年8月以来だ。前回聞けなかった摂津酒造と宝酒造の合併(宝が摂津を買収?)などを中心に話をうかがう予定だったが、なかなかその話に到達できない。どうしても2代目阿部喜兵衛、3代目阿部喜兵衛の話になってしまう。

 ただ竹鶴政孝につながる重要な話として2代目の阿部さん(摂津の創業者)が、カメラが趣味だったという話が聞けた。自宅に暗室を持ち、現像まで自分でやっていたという。竹鶴がスコットランド留学に際して持って行ったカメラは、そういうことであれば、社長の阿部さんのものだった可能性が高い。なぜなら当時23歳、入社して2年余りの竹鶴にそんな金があるはずないからだ。

 結局、ここも時間切れで、戦後の摂津の運命についてはほとんど聞くことができなかった。再び3時半にホテルを出て車で宝塚市へ。今回の取材の締めくくりとして、鳥井信治郎、鳥井吉太郎のお墓にお参りするためだった。

 鳥井家一族の墓は、すべて同じところにある。長男・吉太郎さんの墓碑を見ると昭和15年没、享年33歳とある。15年といえば1940年。この年は大日本果汁の第1号「ニッカウヰスキー」が世に出た年である。吉太郎さんは、“工場長マッサン”が余市で造ったウイスキーを実際に飲むことができたのかもしれない…。

 いずれにしろ山崎が竣工した1924年当時、吉太郎さんは16歳くらいということになる。ドラマの中で描かれている英一郎よりは、もう少し若かったのだ。だからというわけではないのだろうが、山崎創業当時の従業員の集合写真には、吉太郎さんは写っていない。工場長の竹鶴は中央に写っているのだが…。

 ドラマはやがて、その別れのシーンも描かれることになる。今月終わりからは、いよいよ余市編へとドラマは移っていく。そんなことを思いながら、暮れゆく墓前で手を合わせていた。

150109_1.jpg


150109_2.jpg


150109_3.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter