2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「新事務所での新年初仕事…」

 昨日は新事務所の仕事始め。昼すぎに事務所に行き、たまっていた事務を片付ける。スクールも机と椅子を並べて、いつでもセミナーが開ける準備が整った。テイスティングで20~30名、講義だけのセミナーだったら、40名は入るだろう。さっそく、スクールの具体的な日程を決めていく。

 『Whisky World』の方も、新年明け早々から再スタート。一週間近く滞っていたので、元のペースに戻すのが、なかなか難しい。水曜日からの関西取材、来週のアサヒの座談会、信州マルスの取材スケジュール等について確認。さらに『ウイスキー通信』の次号のラインナップについても準備を開始する。

 それらが一段落したところで、4時前から新年初めてのミーティング。新スタッフも加わり、総勢7名でのミーティングだ。懸案のワールドの進行。そして京都フェス、第2回ウイスキー検定の準備等について2時間ほど話し合う。新年最初、新事務所での初仕事ということもあり、途中からボルドーのシャトーラグランジェの赤ワインを空け、それで乾杯しながらのミーティングとなった。

 今日は午前中、『フライデー』の電話取材を受け、午後1時半から事務所で『SPA』の取材。相変わらずウイスキー特集が目白押しで、『SPA』はジャパニーズウイスキー特集。それが終わって、関西出張の準備をし、激しい雨の中歩いて恵比寿の「エピローグ」へ。4時半から、こんどは読売新聞のインタビュー取材である。

 カウンターでラフロイグの1991(オフィシャル)などを飲みながら、2時間ほど私とウイスキーとの出会いや、なぜこのような仕事をしているのかなどを、問われるままに答える。もちろん、なぜジャパニーズウイスキーが今世界で評価をされているかなどもだ。

 取材が終わったのが6時半で、そのまま仕事場に直帰。新年始まったばかりだというのに、再びフルスロットル状態だ。結局午前中の『フライデー』の取材から、トータル7時間半喋ったことになる。はたして、今年はどんな一年になるのやら…。

150106_1.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter