2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「仕事始めのウイスキーと年賀状」

結局、正月三が日はテレビで駅伝観戦&日本酒三昧だった。元旦は実業団駅伝。そして2日、3日は箱根駅伝。3日の青山学院の初優勝の瞬間を観てから、鎌倉駅まで歩いて下り、電車で恵比寿の仕事場に向かう。初詣で客で鎌倉駅はごった返していて、いつものラッシュアワー以上であることに閉口する。

夕方仕事場に着いて年賀状などの郵便物のチェック。鎌倉の自宅、恵比寿の仕事場、スコ文研オフィスと3ヵ所に年賀状が届くから、ややこしい。この年になると、年に一度の年賀状のやりとりは、お互いの安否カクニンでもある。中高の友人や大学の友人はすでに60歳を超え、悠々自適の生活を送っているものも多い。どちらが良いかは、人それぞれだ…。

今日は朝から仕事モード。2015年の初仕事は『全国商工新聞』の連載原稿。その後『Whisky World』のテイスティング。三が日は日本酒ばかり飲んでいたので、今年はじめてのウイスキーだ。今回私が担当するのは、ジャパニーズが4種とアメリカンが1種。

ジャパニーズはニッカの復刻版シリーズの第一弾、第二弾で、どちらもまだ発売されていない。まずは第一弾のブラックニッカ復刻版、そしてハイニッカ復刻版である。ブラックニッカは当時の特級ウイスキーで、ハイニッカは2級ウイスキー。まだ仙台宮城峡蒸溜所ができていなかったから、原酒は余市が主体。今回復刻するにあたって、宮城峡(元西宮にあった)のカフェグレーンをブレンドしているという。

その後キリン御殿場蒸溜所のシングルグレーン、ブレンダーズチョイス、そして信州マルス蒸溜所の駒ケ岳シェリー&アメリカンホワイトオーク2011年。御殿場のグレーンはモルトと同時にネットのみで販売されていたのもで、御殿場のグレーンの質の高さが、よく分かる。駒ケ岳はちょうど大震災の直前に蒸溜したもので、ようやく3年物のリリースである。

個性たっぷりのジャパニーズをテイスティングしたあと、こんどはアメリカンのJ・E・ペッパー1776のライウイスキー。こちらもある意味“復刻版”で、1776はアメリカ独立宣言の年。当時東海岸で造られていたライウイスキーを再現したもののようだ。現在のケンタッキー・ライウイスキーよりはマイルドな味がする。

ワールドのテイスティングを終えたところで一度新事務所に行き、再び郵便物の整理。いよいよ明日からは新事務所での、新しい年がスタートする。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter