2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ラジオの生放送と「藤原組」の忘年会」

 朝6時に起床して、9時半にNHKのスタジオ入り。簡単な打ち合わせをして、10時に本番スタジオへ。すでに番組は始まっていて、私の出番はその中の10時5分から55分までの約1時間。パーソナリティーの川島さんと藤井さんに挨拶して、ニュース明け、10時5分から生放送がスタート。もちろん、藤井さん、川島さんとお会いするのは初めてだ。

 この秋から多くのラジオ番組に出演してきたが、生放送というのはやはり緊張する。特にNHKさんの場合は、固有のブランド名を出せないため、通常以上に気を使う。収録ならカットすることもできるが、生の場合はそうもいかない。しかしテーマがウイスキーということになると、なかなかそうもいかないのが現実だ(と、言い訳をしておこう)。

 ま、比較的順調に番組は進行して、途中リクエストどおり2曲の音楽もかけ、2種類のウイスキーもテイスティング(ラフロイグ10年と竹鶴17年)。無事10時55分に私の出番は終了。番組はまだまだ続くため、川島さん、藤井さんに簡単な挨拶だけして、12時前には恵比寿の仕事場にもどる。

 昼食後、2時前にスコ文研に行き、3時から「第2回ウイスキー検定」のことで、日販さんとミーティング。2級、3級、ジャパニーズ級(JW級)の具体的な時間割と、告知時期、申し込み受けつけ、締切りについて、おおまかなことを決定してしまう。なんとしても、12月25日発送の『ウイスキー通信』に、そのチラシを同封してしまいたいからだ。

 それらのミーティング後、5時すぎにスコ文研を出て電車で新大久保へ。6時すぎから藤原新也さんの新しいアトリエ見学。そして3月の「古稀の祝いパーティー」以来となる『藤原組』の忘年会。今回は藤原さんの歴代の助手が一堂に会したが、その中には1981年の『フォーカス』、東京漂流の時のアシスタントS君もいて、会うのは実に30年ぶり!当時20代前半だったS君も、すでに50代半ばである。

 考えてみれば、私が藤原さんに初めてお会いしたのは1975年7月のことだから、来年で丸40年となる。きっかけはインド放浪、そして西チベット、ラダック・ザンスカールであった。いつかそのことも、書かねばと思っている。

141218_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter