1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「週ゲンの取材とNHKのリクエスト曲」

 今年は年賀状と引っ越し通知が一緒になってしまったが、それらのラベル貼り、そして執筆、午後からスコ文研。

 『ウイスキー通信』の入稿作業を確認して、2時から『週刊現代』の電話インタビュー。週ゲンの取材は、こんどで何度目だろう。再びマッサン特集のようだ。1時間弱ほど話をして、3時から明日のNHKラジオのミーティング。進行の流れや、台本などをチェック。

 NHK第1放送の『すっぴん』という番組で、パーソナリティーはお笑い芸人キリンの川島さんと、アナウンサーの藤井さん。途中、私のリクエストで曲を2曲ほどかけるということで、1曲はサリフ・ケイタの『MADAN』、そしてもう1曲はロッド・スチュワートの『ブルースカイ』にしてもらった。

 サリフ・ケイタはアフリカ・マリのミュージシャンで、ユスッン・ンドゥールとともに、私がよく聴いているアフリカン音楽の1つだ。『MADAN』は“モフー”というアルバムの中の1曲で、サリフ・ケイタの代表作の1つ。

 ロッド・スチュワートは言わずと知れた、イギリス出身のロックシンガー。ロンドンの下町生まれだが、両親はスコットランド人だったはずだ。イギリスで成功し、一時代を築いたにもかかわらず、やがてアメリカに渡って、もう一度ポップシンガーとして勝負することを決意。

 アメリカ進出第1作目として選んだのが、『セーリング』という名曲で、これはスコットランドのフォークデュオ、サザーランドブラザーズ作った楽曲。オリジナル曲は宗教歌のように荘厳な曲となっている。もっともロッドが歌うと、まるで恋の唄のように甘い曲に聞こえてしまうが。

 ということもあり、その『セーリング』ではなくて、『アメリカン・ソングブックVol.4』に収録されている『ブルースカイ』のほうを選んだ。録音もバツグンだが、やはり午前中の番組(朝10時5分からの放送)で聴くには、このほうがふさわしいと思ったからだ。

 というようなことを電話で打ち合わせ、夕方6時すぎに恵比寿の仕事場に戻って再び年賀状の作業。年内は『ウイスキー通信』の発送作業と、引っ越し作業に追われることになりそうだ。

141217_2.jpg


141217_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter