2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪梅田のセミナーとラジオ深夜便の収録…」

 風邪と『ウイスキー通信』との戦いが毎日続いている。丸ごと一冊、1~2週間ほどで仕上げるのは至難のワザである。しかし、やるよりしようがないので、日々、原稿を書き、そして校正、写真選びである。フェスが終われば、検定が終われば…と思っていたが、相変わらず一日に1件くらいのペースで取材やセミナーの依頼があり、その対応にも追われる毎日だ。

 木・金とそんな仕事をこなし、その合間に引っ越し準備。今日は午前中準備をして、昼すぎの新幹線で大阪へ。10月からスタートしたNHK文化センターのウイスキーセミナーも、今日が最後。3時半すぎに梅田の会場につき、さっそく準備。新幹線の中は、とにかくひたすら眠るようにしたが、行楽客の団体と一緒になったせいか、うるさくて眠れず…。相変わらず、咳がとまらないせいもあるのだが。

 セミナーは4時半にスタートして、6時半すぎになんとか終了。今日のテーマは「スコッチと日本をつなぐ壮大な架け橋」ということで、①余市12年、②竹鶴ピュアモルト17年、③スプリングバンク・ガイヤバローロ樽、そして④シーバス・ミズナラの4種をテイスティング。

 改めて飲むと竹鶴17年の旨さが際立っていたが、参加者27名の一番人気は意外にもスプリングバンク。度数も高く、赤ワイン樽フィニッシュの個性が際立っていたからかもしれない。この手のセミナーでは、やるほうも思わぬ発見をすることがある。だからこそ、やめられないのだが…。

 セミナー終了後、7時からスクールの別室でNHKラジオの「深夜便」の収録。私自身は不勉強で知らなかったが、大阪発のこの深夜便は、全国的に人気が高く、多くの人が聴いているのだとか。アンカー(パーソナリティー、聞き手)は中村さんで、歳は私と同じ歳。放送は来年の2月7日ということだったが、45分ほどインタビューに答える形で話をする。テーマはもちろんウイスキーだ。

 収録が終わったのが8時前で、そのまま新大阪に出て、新幹線で再び東京へ。うなぎ弁当を食べて、ひたすら爆睡。これでラジオの仕事は、18日の朝の生放送を残すのみとなった。なんとか、それまでに風邪が治っていればよいのだが。


141213_1.jpg


141213_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter