1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ワインスクールで竹鶴セミナー」

 午前中、『ウイスキー通信』の校正をして、昼すぎにスコ文研。2時にNHK報道局からの電話取材。“マッサン効果”によるウイスキー市場の拡大、ニッカの相次ぐ復刻版シリーズの発表などについて聞かれた。

 ニッカの復刻版はブラックニッカ、ハイニッカで、サントリーも第一号となる白札、そして角瓶の復刻を発表している。白札については中身は現行のホワイトと同じで、パッケージだけ復刻してすでに販売している。あの手この手の仕掛けが、これからも目白押しなのだ。

 その後、週末の横浜セミナーの準備を確認して、6時に渋谷区東のワインスクール、レコール・デュ・ヴァンへ。7時からワインスクールの特別セミナーとして、「竹鶴政孝とウイスキー」と題して、2時間ほどのテイスティングセミナーを行う。

 参加者はマックスの30名ほどで、日本のウイスキー、竹鶴政孝と摂津酒造、岩井式連続蒸留機、鳥井信治郎などについて1時間ちょい話をし、その後①宮城峡12年、②余市12年、③カフェモルト、④カフェグレーン、⑤竹鶴ピュアモルト、⑥ザ・ニッカ12年の6種をテイスティング。

 ワインスクールなので、久しぶりにワインのテイスティンググラスで行ったが、やはり宮城峡、余市を一番におす人が多かった。今やどれも品薄状態になっていて、参加者には貴重なテイスティング機会となったはずだ。普段はワインしか飲まない人たちも、今はウイスキーに大注目しているのかもしれない。

 セミナーは9時半位に終了し、その後スクールの隣にあるバースペースで、有志10名ほどによる打ち上げ。グレンモーレンジやアードベッグなどを飲みながら、そこでも1時間以上おしゃべりをし、11時すぎにお開き。雨もやんでいたので、そこから歩いて恵比寿の仕事場までもどることにした。


141204_1_2014120817523108a.jpg


141204_2_201412081752334b0.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter