2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「㈱升喜で社員対象のウイスキーセミナー」
 『ウイスキー通信』の校正・編集作業をして、午後1時に水天宮の近くにある㈱升喜本店へ。箱崎の東京シティーエアターミナルの近くで、同社は1875年に創業した酒や食品の中堅卸問屋。今年から来年にかけて、シリーズで同社の社員対象にウイスキーのセミナーを行うことになっている。

 今回は、そのプレセミナーということで、20名ほどの社員にウイスキーの基本、スコッチのシングルモルト、ブレンデッドについてホワイトボードを使って2時間ほどの講義。最後の30分で①グレンモーレンジ・オリジナル、②マッカラン・シェリーカスク12年、③タリスカー10年、④ラフロイグ10年、⑤シーバスリーガル18年の5種類をテイスティング。シングルモルトの個性の違いや、ブレンデッドの風味の違いについても分かってもらえたはずだ。

 セミナーは4時すぎに終了し、そのまま歩いて日比谷線の人形町駅まででて、地下鉄で5時すぎに西麻布のスコ文研オフィスにもどる。やはり、ウイスキーへの注目度が高いことが、ヒシヒシと伝わる、そんなセミナーだった。

 オフィスで6時すぎまで事務処理をして、その後、恵比寿の仕事場へ。フェス前の作業で時間がなかったのと、ギリギリまで取材が入っていたせいで少し遅れていた『Whisky World』の最新号(2014年DEC号)が届いている。巻頭特集は今回も「日本のウイスキーの夜明け」。竹鶴政孝の足跡を追って、今回は余市を訪れている。書店の店頭に並ぶのは、週末ギリギリになるだろう。

 明日は、引っ越し先の新しい事務所の鍵の引き渡しがあり、29日の土曜日からは水戸である。毎年の恒例だが、今回も水戸の「紅茶館」で“チベットのお茶文化”と“竹鶴政孝とウイスキー”という、2つのセミナー、トークショーを行うことになっている。

 つい最近、母校の後輩である学習院大学山岳部の連中が、ラダック・ザンスカール地方の6000メートル級の未踏峰の登頂に成功したと、私と同期の山岳部のOB、N氏から連絡が入った。N氏は長く『岳人』の編集長を務めていた人物で、1976年、パキスタン側のサセルカンリの初登頂に成功している。いわば同時期に、国境をはさんで私がインド側のラダックに、N氏がパキスタン側のバルティスタンにいたことになる。

 もう20年近く会っていないが、久しぶりに電話で話して懐かしかった。探検部と山岳部という違いはあるものの、同じ文学部の出身で、同時期にヒマラヤ通いをしていたこともあり、妙にウマが合った。私がモノ書になったのも、その頃『岳人』に連載していた記事がきっかけだったのだ。もちろん、その時の担当編集者がN氏だった。

141127_1.jpg

141127_2.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter