1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「通信のテイスティング座談会」
 フェスは終わったが、まだまだ気が抜けないタイトなスケジュールが続いている。相変わらず1日に1件のペースで、取材やセミナーの依頼が続いているが、もはや対応しきれないというのが現状だ。

 フェス後はいつもそうだが、体は疲れているのに頭がグルグル回っていて、なかなか十分な睡眠がとれない。昨日も5時すぎに起きてしまった。それでも午前中は休み、午後からスコ文研。引っ越し業者の見積もりや、そのミーティング等があり、さらに12月7日に行われる「ウイスキー検定」の会場配布用資料の仕分けで、オフィスは足の踏み場もないほどだ。

 全国4会場に、当日受験者に配布する資料3点と、検定オリジナル・クリアファイルを分けて梱包し、それを発送。トータル3000近くなるので、その量は膨大だ。その作業の合間にアサヒのYさんが来社。依頼していた、あるノートのコピーを持ってきてくれたもので、そのことについて、しばし打ち合わせを行う。

 今日は午前中、「ウイスキー通信」の台割をもう一度作成し、昼にスコ文研。台割変更をして、ページ数を4ページ増やして48ページとした。これは第1回ウイスキー検定の3級問題と、その解答を掲載するためである。今回の通信は編集長インタビューが4つも入っていて、そうでなくてもページ数が足りないのだが。

 その後、1時半から恒例の通信テイスティング座談会。今回は、①シングルモルト富士御殿場、②バランタイン・クリスマス・エディション、③グレンリベット1974、④トマーティン・ク・ボカン、⑤コーバル・フォーグレーン、⑥ノブクリーク・シングルバレルの6本。それとは別に採点は行わなかったが、①とセットになっていたシングルグレーンも、同時にテイスティングを行った。さらにテイスティング終了後に、話題のものということで、ジョニーウォーカーのプライベートコレクションのサンプルも飲んでもらった。

 面白かったのは①の御殿場で、これはグレーンと比べて飲むと、その対比も分かって面白い。②のバランタインは期待が大きかっただけに、その味に少々ガッカリ…。コーバルは、やはり異次元というべきか。中で点数が一番高かったのが③のグレンリベット1974。もはやこのクラスの70年代は希少で、これで3万円を切っているのは驚きですらある。ただ、若干ピークを過ぎているといった感は否めないが。

 ジョニーウォーカーのプライベートコレクションは1本9万円というボトルで、スモーキーさを効かせた珍しいブレンデッド。マスターブレンダーのジム・ビバレッジ氏が、28の原酒樽から贅沢にブレンドした、究極のジョニーウォーカーだ。

 テイスティングは4時半に終了し、その後6時から『ウイスキー通信』のミーティング。デザイナーのIさんに来てもらって、スタッフ全員で台割の確認、さらに進行の確認を行う。再び待ったなしに、通信の作業にかからないといけないのだ。

141126.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter