1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ジムさんとブルックラディ・セミナー」
 風邪ぎみだったところに、柏、六本木と寒風にさらされたせいか、体調がどうしてもイマイチ。夏の疲れも、どっと出ているのだろう。このところ、再びレオピンファイブを飲み続けている。

 レオピンファイブはニンニクエキスだが、これを知ったのは私が『フォーカス』時代に例のトリカブト事件を追いかけている時だった。透明のカプセルに、自分でエキスを注入して飲む薬(サプリ、当時はこんな言葉はなかった)があるのに、その時は驚いた。それがどんなものであるか知るために、自分でも買って一時期服用していたのだ。あれからもう、30年近くが経とうとしている…。

 そのニンニクパワー(?)を借りて、午前中、届けてもらった「ウイスキー検定」2級・3級問題の再校を行う。明日20日が、入稿日だ。その後、昼すぎにスコ文研に行き、ワールドの最終校正、下版を確認し、4時半頃にスコ文研を出て地下鉄を乗り継ぎ、末広町にある旧練成中学校へ。ここは今、地域興しのホールや店になっているようで、ここで7時からジム・マッキューワン氏のブルックラディセミナーが行われた。

 その前に、次号『ウイスキー通信』の編集長インタビュー。ジムさんにお会いするのは、昨年9月以来だが、まったく変わっていない。66歳になるというが、初めて会った25年前から、印象がまったく変わっていないというのも、稀有な存在だ。

 もうジムさんにインタビューするのも、10回目くらいになるが、それでも毎回知らない話があり、会うたびに驚かされる。「ブルックラディは世界で唯一、あらゆることを試している、いわば実験蒸留所みたいなもの」。

 ウイスキーにテロワールとトレイサビリティという概念を持ち込んだのもジムさんで、その象徴がスコットランド産大麦と、アイラ産大麦。特にアイラ産大麦は特筆に値する。たしか2006~07年頃からの栽培だったと思うが、すでに1,000トン以上を収穫しているという。ブルックラディ、ポートシャーロット、オクトモアの3種で、それぞれスコティッシュバーレイとアイラバーレイが揃ったことが、今回の来日の目的だったと、ジムさん。

 インタビューは例によって時間オーバーで、聞きたいことの半分も聞けなかったが、あとは来年アイラに行った時まで持ちこしである。そのまま7時から、ジムさんと私によるセミナーが始まり、無事9時に終了。最後はハイランドのウォリアー、戦士風の乾杯の儀式でしめたのにはヒヤヒヤしたが、参加者は大いに楽しんだようだ。

 明日から韓国、台湾に行くというジムさんと別れて、スタッフのOさん、代表世話人のSさんと3人で、駅前のスペインバルで、遅い夕食。結局、もどったのは12時すぎになっていた。

141119_1.jpg

141119_2.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter