1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「毎年恒例のヒルズアワードに出席」
 昨日は9時半に「ウイスキー検定」の3級・2級問題の初稿を取りに来てもらい、その後『Whisky World』の校正。昼すぎにスコ文研に行き、そのままワールドの校正の続き。一段落したところで、次号『ウイスキー通信』の台割を作成。ワールドが終わったら、すぐさま通信に着手しないといけない。

 一方でフェス前一週間ということもあり、セミナーやブラインドコンテストの準備。さらに受付や物販ブースの梱包作業にかかる。スタッフ全員が揃ったところで、4時からフェス前最後のミーティング。各部署の人員配置や、その集合時間、セミナーの進行など細かいことを打ち合わせる。

 昼すぎに代表世話人のYさんとはブラインドコンテスト、セミナーのミーティングを別途していたので、主にその確認などだ。そういえばフェスと検定のことで頭が一杯だったが、10月26日に行ったウイスキーエキスパート試験の成績が出たので、その判定会も行う。今年の受験者は304名で(当日欠席を含まず)、そのうち合格者は157名。合格率は51.6%である。

 ウイスキー検定はすでに3,000名を超えているが、はたして合格率はどれくらいになるのだろう…。

 フェスのミーティング終了後、準備をして7時から2階のスクールで、「ウイスキー検定」の対策講座。今回は2級受験者のみにしぼり、2時間半ほど講義をする。『ウォールストリート・ジャーナル』から取材の申込があり、対策講座の様子を取材してもらうことにした。てっきりスチールかと思ったら、動画撮影で、私の講義の様子や、受験者の中から有志2人に協力してもらい、そのインタビューも収録していく。結局終わったのは9時半すぎになってしまった。

 今日は再び朝から『Whisky World』の最後の校正作業。昼すぎにスコ文研に行き、フェスの準備。一段落したところで歩いて六本木のハイアットホテルへ。5時から毎年恒例となった「ヒルズアワード」の発表会に出席。今回で6回目となるヒルズアワードだが、ウイスキーマスターには作家の伊集院静氏、そしてベストウイスキーラバーに女優の井川遥さんと、来期から福岡ソフトバンクホークスの監督に就任する工藤公康氏の2名が選ばれていた。

 井川さんは角ハイボールの記者会見の時やCMのイメージと違って、黒のロングドレス。どちらかというと白の清楚なイメージの方が好きなのだが…。伊集院さんを直接見るのは30年ぶりかもしれない。夏目雅子さんが白血病で入院している時、一度取材をさせてもらったことがある…。

 今年のヒルズアワードがいままでと違っていたのは、冒頭でビームサントリーのCEOのマットさんがビデオ挨拶をしていたこと。そして3人に振る舞われたのが、先般ジム・マーレイが1位に推した「山崎シェリーカスク2013」だったことだ。

 その後、6時から六本木ヒルズの一角に設置されたクリスマスイルミネーションの点灯式も行われたが、寒風が吹きすさび、立って待っている取材陣には厳しい試練となった。

 本当はこの日、ウイスキースクールで3級の対策講座をやらなければいけなかったのだが、このヒルズアワードがあったため、『Whisky World』のテイスターを務めるYさんに替わってもらった。これで今年の検定対策講座もほぼ終了である。

 あとは、試験の本番を待つばかり。

141118.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter