1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「柏でウイスキー検定対策講座」
 昨日は一日中、「ウイスキー検定」の3級・2級問題の校正に追われる。その後、ウイスキーワールドの原稿と校正。この2カ月近く出ずっぱりだったので、久しぶりに恵比寿の仕事場にこもった感じだ。

 今日は午前中、ワールドの原稿を書き、昼前に恵比寿を出て千葉県の柏市へ。柏の商工会議所が主催したウイスキー検定と竹鶴のセミナー。「柏をウイスキーのまちに!」を合言葉に、市をあげてウイスキーに取り組んでいる。

 驚いたことに柏の市長も冒頭の挨拶で、自らも3級受験の申込をしていることを表明。一部の対策講座を他の受講生130名近くと一緒に聴いていた。全国にどれくらいの市町村があるのか知らないが、地方自治体の首長さんが、「ウイスキー検定」を受けるというのは、初めてではないかと思う。本当にありがたいことだと、思わず感動してしまった。

 もちろん、柏が「ウイスキーのまち」宣言をしたのは、ここにニッカの柏工場とブレンダー室があるからだ。原酒は余市と宮城峡でつくっているが、それをブレンドし、ボトリングするのは、すべて柏なのだ。柏が選ばれたのは広大な敷地と、利根川などの豊富な伏流水に恵まれていたからだという。

 「柏には世界一となった竹鶴というウイスキーがある。世界一のウイスキーにふさわしい、町づくりをしていきたい。そのために自分もウイスキーの勉強をし、ウイスキー検定を受けることにしました」と、柏の秋山市長。ついつい教える私のほうも力が入ってしまう。

 一部の検定セミナーは3時にスタートして1時間半で終了。その後休憩をはさんで、5時から二部の竹鶴テイスティングセミナーがスタート。講師はニッカのウイスキーアンバサダーを務める本田氏。生前の竹鶴政孝に直接会ったことがある数少ない人物の一人で、入社直後の、その想い出話も面白かった。「マッサン効果」で私同様、全国各地をとび回る日々だという。

 セミナーは6時に予定通り終了し、そのまま再び常磐線と山手線を乗り継いで、恵比寿の仕事場に8時すぎにもどる。一段と寒さが身にしみる季節となってきた…。

141116_1.jpg

141116_2.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter