1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京フェス恒例ブラインドコンテスト」
 久しぶりに、今日はアポがなにもない日なので、午前中『Whisky World』のテイスティングのところのリード原稿を書き、昼すぎにスコ文研。

 京都フェスのボトルの手配をして、東京フェスのミニボトルのレシピ作りを再開。ジャパニーズまでできていたが、最後のスコッチブレンデッドを最終的に決め、それをブレンド。

 その後、東京フェス恒例のブラインドコンテスト用のボトルを選定する。今回の参加者は現在までのところ30名弱。一人20mlとして、ほぼフルボトルが必要になる。予選、決勝、それぞれ違うボトルでやるので、計8本を選ばないといけない。

 スコ文研の酒庫のボトルの中から、これはと思うものをさがして、その組み合わせ等を考える。今回は、ほぼすべてを未開封のものでやることにした。予選、決勝の解答用紙をつくり、本番前に、私のほうでもすべてテイスティングしておかなければならない。

 どちらも4本ずつだが、全問正解は過去にも一人もいない。そのため次点、次々点くらいまで点数を設定しておかなければならないからだ。

 その作業が完了したところで、一度恵比寿にもどり、7時すぎに上京していた版画家のWさんとあって、依頼していた10種類目の版画を直接受け取る。

 東京フェス用に、グレンリベット、スプリングバンク、グレンモーレンジの新版画3種をお願いしていたが、これでようやくすべてが揃ったことになる。従来の7種と合わせて、ついに10蒸留所のオリジナル版画が完成した。

 リベット、バンクは東京フェスの時にトートバッグとしてお披露目できるが、グレンモーレンジは京都フェス用である。そろそろトートバッグ以外にも、オリジナルグッズを考えないといけないのだが…。

141114.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter