1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「東京フェス用のミニボトルを製作…」
 午前中、遅れに遅れていた『Whisky World』の原稿と校正作業。昼すぎにスコ文研に行き、もう10日後に迫った東京フェスのオリジナルボトルの製作。今回も、お手頃サイズの100mlのボトルを4種類つくることにし、そのレシピを創案。実際にブレンドを行い、味見をくり返す。

 今回はバーボンが2種類とジャパニーズ、そしてスコッチが1種類ずつ。バーボンは小麦レシピのものと、一般的なライ麦レシピのもの。そういえば、何を混ぜているか、だいたいの見当はつくはず。

 ジャパニーズはグレーンを入れないピュアモルト。ある意味、ジャパニーズのオールスター、全日本である。日米野球にちなんで、サムライジャパンとでも付けるべきか。スコッチは逆にブレンデッドオンリー。バランタインの21年、ロイヤルサルートの21年が効いている。

 それらの作業途中、3時から『ステラ』の2回目の取材。やはり1時間半ほど話をし、再びオリジナルボトルづくり。結局、恵比寿にもどったのは8時近くになっていた。

 その後、恵比寿の仕事場で来年2月22日に開かれる「京都フェス」のオリジナルボトル選び。スリーリバーズのOさんから、そのために7種のサンプルが届けられていたが(うち3種はアイリッシュ)、その中からストラスアイラとベンリネスの2つを選ぶ。

 それにしても、このところのスコッチのボトラーズの値段の急騰ぶりには、正直とまどっている。詳しい数字は覚えていないが、去年と比べても軽く2倍になっているのではないかと思っている。90年代蒸留で2万円台、2000年代でも、1万円以上するのだ。

 これでは、この先いつまでオリジナルボトルが買えるのやら、不安な気持ちになる…。

141113.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter