1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ニッカのブレンダーにインタビュー」
 大阪での2つのセミナーの準備をして、昼前にスコ文研。事務仕事を処理して、その後『ウイスキーワールド』の、残り4本のテイスティング。アメリカンのジムビーム・シグネチャーとミクターズ・サワーマッシュ、そしてコーバンのミレット、ライの4種類だ。

 ジムビームは老舗どころだが、ミクターズは最近オーナーが変わって、新たな一歩を踏み出そうとしている。こんどの東京フェスにもブース出展するが、ケンタッキーに新しい蒸留所を建設したばかり。そういう意味では、古くて新しいブランドである。

 コーバルはシカゴに創業した、こちらはまったく新しいクラフト蒸留所。これも東京フェスで本邦初公開。4~6種入ってくるが、ワールドではミレットとライの2種類を取り上げた。どちらもシングルバレル商品で、ミレットは雑穀からつくるウイスキー、ライはライ麦100%の、アメリカンでは珍しいライウイスキーだ。

 ライ麦100%、ライ麦芽100%というと、かつてアンカーブリューイングのオールドポトレロという商品があったが、それに比べてもコーバルのライウイスキーはマイルドで飲みやすい。非常にクリーンにつくられている。対してミレットは、やはり不思議な味がする…。

 それら4つを仕上げて、急いでタクシーで青山にあるニッカウイスキーのブレンダーズバーへ。3時45分から、『ウイスキーワールド』のニッカ・竹鶴特集の一環として、ザ・ニッカ12年、同40年のブレンダーインタビュー。

 12年の担当だった綿貫さんと、40年の担当だったチーフの佐久間さんに1時間ほど、その誕生の経緯、ブレンドのコンセプトなどについて、お訊きした。特に12年のグレーンについては、一番知りたかったところなので、綿貫さんから、いろいろ教えてもらった。

 もしかして、カフェモルトもブレンドしているのかと思ったが、それはないという。ブレンドの秘密等、面白い話は、ワールドを乞う御期待である。

 その後は電車で渋谷に出て、久しぶりに釣り具屋、本屋に寄り、8時前に仕事場にもどる。そろそろ釣りシーズンだが、釣りに行く時間がないので、せめてフライだけでも巻こうと思って、そのマテリアルの買い出しをしていたのだ。明日からは、新大阪、大阪、そして高槻、京都である…。

 嬉しいことに、ウイスキー検定の申込者が2,500人を超え、3,000人に達しそうな勢いなので、ますます検定対策セミナーを頑張らないといけない。とにかく、セミナー、セミナーの連チャンである。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter