1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「J-WAVEの番組に生出演…」
 「ウイスキー検定」の問題作り。3級・2級の200問を校正して、午後には日販さんに送付。今後は印刷されたものを初校・再校とチェックし、今月下旬には本番用が完成予定だ。

 問題作りを一段落させたところで、『ウイスキーワールド』のテイスティング。今回18本中、私がやるのはジャパニーズ2本、アメリカン4本の計6本。まずはジャパニーズの2本をテイスティングし、そのテイスティングコメントを書いてしまう。

 1本は山梨県清里にある萌木の村の野外バレエ25周年の記念ボトル。サントリーの輿水さんが特別にブレンドした300本限定のボトルで、飲むのは今回で4~5回目だが、やはり美味。見事なまでのハーモニーを感じる。

 もう1本は、ニッカの80周年を記念したザ・ニッカ12年。ニッカがピュアモルトではなくブレンデッドの新商品を出すのは実に久しぶり。「ザ」と定冠詞をつけたところにも、その想いがこめられている。これも最近よく飲んでいたが、改めてテイスティングしてみると、そのバランスの良さ、複雑さ、その割になめらかで飲みやすいことに感銘を受ける。ひと言でいえば、これもタダモノではないのだ。

 目指す方向は輿水さんのとはまったく反対だが、ジャパニーズウイスキーの、これも到達点のひとつだろう。通常12年クラスのブレンデッドだと、もう少しグレーンウイスキーのフレーバーを感じてしまうのだが(スコッチの場合)、これは、それがまったくない。

 よほどグレーンの比率が低いか、さもなくば長熟でまろやか、それでいてしっかりとしたグレーンを使っているのだろう。もちろんニッカのグレーンといえば宮城峡のカフェグレーンだが、カフェスチル(コフィースチル)が、西宮から宮城峡に移設されたのは1999年のこと。

 ということは、今のカフェグレーンだけでなく、西宮時代の長熟グレーンも入っているということなのだろうか。それとも移設してもう15年なのだから、宮城峡のグレーンだけでやっているのか。興味津々である。

 ということで、2種類のテイスティングをした後、6時すぎに恵比寿の仕事場にもどり、8時すぎから、J-WAVEのラジオの生放送に電話で生出演。15分ほどだったが、ジム・マーレイの『ウイスキーバイブル』について、そして2015年版で1位となったサントリーの山崎シェリーカスク2013について、コメント。最後はしっかり、ウイスキー検定についてもコメントできて、ありがたかった。

 これで、ジム・マーレイについては一段落できたと思っていたら、こんどはテレビの出演依頼が舞いこむ。それもビートたけしさんがやっている1時間番組への出演である。まだまだ、「マッサン効果」は続くということなのかもしれない…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter