1
3
4
5
6
8
9
10
12
14
15
16
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「博多山笠の直会場所で焼酎サミット…」
 午前中、九州行きの準備をして、2時すぎのフライトで福岡へ。一度博多のホテルにチェックインし、5時半に会場となる櫛田神社の櫛田会館へ。九州大学の焼酎サミットの講座に呼ばれたもので、焼酎の蔵元さんなど30~40名が集まっている。

 最初、スクール形式のセミナーなのかと思っていたが、そうではなく会館の大広間で、名物の水炊きを囲みながらの、トークショーという形で進められた。うっかりしていたが櫛田神社は知る人ぞ知る、博多山笠の奉納神社で、博多の総鎮守。

 山笠のときに男衆が集まって直会(なおらい)を開くのが、神社の隣にある櫛田会館で、やはり直会の時には鍋が出るのだとか。山笠は、漫画の「博多っ子純情」くらいでしか知らないが、800年近く続く博多の祭りである。その神聖な場所で焼酎セミナーが開かれるというのも、九州らしい。とりあえず「スコッチはなぜワールドブランドになれたか」というテーマで、1時間くらい話をする。

 結局セミナー(?)は9時すぎに終わり、その後、会の主催者である九州大学のS教授ら有志8人ほどで、近くの焼酎居酒屋で二次会。焼酎談義、ウイスキー談義に花が咲いて、お開きとなったのは11時半すぎ。ホテルにもどって寝たのは1時すぎになっていた…。

141031_1.jpg

141031_2.jpg

141031_3.jpg








スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter