2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪でウイスキー検定対策講座」
 6時前に眼がさめてしまったので、仕方なくホテルの前のコンビニで朝ゴハンを買って、7時すぎから再び『コニサー倶楽部』『ステラ』の校正。その後、検定セミナーの準備をして10時前に会場となる北浜ホールへ。10時半から「ウイスキー検定対策講座」の午前の部がスタート。午前・午後、どちらも40名近い参加者がいたので、スタッフのOさん、Sさんに前日に引き続いて手伝ってもらう。

 この間、東京では私以外に、代表世話人のYさんの対策講座も開かれていたが、私自身がやるのは1カ月ぶり。2時間半という短い時間で、とにかく凝縮してお伝えするようにした。例によって最後の15分間は模擬問題25問と、これは前回から実施しているアンケート。合格者特典として、どんなものを希望するのか、それも知りたかったためだ。

 現在までのところ、オリジナルボトル、オリジナルテイスティング会、オリジナルツアーなど、やはり参加型が多いようだ。オリジナルテイスティング会は、いわばオフ会のようなものだろうか。たしかに合格者が集まって、パーティーや飲み会を開くのも悪くはない。共通の目的、共通の目標に向かって努力した者同士だから話もはずんで面白いかもしれない。

 とにかく、面白い企画を今は思案中だ。ということで午前の部は1時ちょいに終了し、途中休憩をはさんで、2時半から午後の部がスタート。こちらも、ほぼピッタリに終了し、荷物をパッキング後、地下鉄で新大阪に出て、6時すぎの新幹線で東京にもどることにした。

 台風19号は速度が遅く、まだ奄美沖を進んでいるせいか心配した雨もなく、9時すぎに恵比寿の仕事場に無事到着。3連休だが、そんなことは関係なく、明日は『ウイスキー通信』の原稿の執筆、そしてエキスパート試験の問題作りにかからなければならない。

 それが一段落すれば、来週末は再び岩手県の宮古である…。

141011.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter