2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪・梅田のNHK文化センターでセミナー」
 やはり5時半に起き、7時すぎから『ウイスキー通信』『コニサー倶楽部』『世界の名酒事典』の校正。「マッサン」を観ようと思っていて忘れてしまった。もっともDVDで2~3回見ているのだが…。

 昼前にそれらの仕事を切り上げ電車で品川駅。12時すぎの新幹線で再び大阪へ。3時半に梅田のNHK文化センターに到着し、4時半から「マッサンと走ります!」ウイスキーセミナーの第1回目。これは月イチ、12月までの3回セミナーで、第1回の参加者は17名ほど。奇しくも、先週の国立のNHKオープンセミナーと同じ人数だった。

 今回のテーマはスコッチウイスキーの誕生、その歴史・文化などで、テイスティングは、①グレンリベット18年、②ダンバートン・シングルグレーン(サンプル)、③ラトレー・ブレンデッドモルト19年、④バランタイン17年の4本で、国立と違ってこちらは3回シリーズということもあり、いつものテイスティンググラスでやることにした。

 ダンバートンのグレーンについては、以前私がバランタインのセミナーをやっていた頃に、当時のマスターブレンダー、ロバート・ヒックス氏が特別に送ってくれたもの。非売品のサンプルで、それもロイヤルブルー12年用の原酒である。しかし、4種の中で断トツはラトレーのブレンデッドモルト。これは久しぶりに飲んだが、リッチで旨い! リベットの18年が霞んでみえた…。

 セミナーは予定を少々オーバーして6時40分すぎに終了。その後タクシーで北浜のホテル・ブライトンに移動し、手伝ってくれたスタッフのOさん、Sさんと3人で近所の「きのした」で打上げ。さらに、もう一軒ということで旧芝川ビルの1階にあるバー「コート」へ。そこでザ・ニッカ12年をロックで1杯だけ飲んで、10時すぎにホテルにもどった。体は究極に疲れているのだが、セミナー後は頭が冴えているのか、なかなか寝つけない…。これから12月まで、すべての週末は地方でのセミナーやフェスが入っている。

141012_1.jpg

141012_2.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter