2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「角ハイのあのCMのバーが出現!」
 老化現象のせいか、このところ5時くらいに目がさめてしまうので、仕方なく早朝から校正作業。昨日は集中して、『ウイスキー通信』の画像を選んでしまったので、あとはひたすら校正と、原稿の執筆。そして今週末に行われる各種セミナーの荷物発送だ。

 私は大阪でNHK文化センター梅田のセミナーと、「ウイスキー検定集中講座」が午前・午後の2回だが、連休最終日の13日には別動隊が「ヨコハマ・カクテルコンペ」にブース出展。そういえば11月8・9日に京都で行われる“スコティッシュデー”にも、急遽ブース出展が決まった。京都フェスの前哨戦として、大いにアピールしてこなければいけない。

 と、仕事は山積しているが、今朝は10時すぎに六本木ヒルズに行き、サントリー角ハイの、例のCMに登場する「ランタンバー」のイベント発表会に出席。期間限定で、あのCMのバーを再現したもので、10月8日の「角瓶の日」に合わせたもの。実は角が発売されたのが、1937年の10月8日だったのだ。

 もちろんCMのバーには、井川遥さんが不可欠ということで、CMそのままの衣装で登場! 短い時間だったが、トークショーも行われた。私自身は、それ以外のサプライズもあったのだが…。それにしても、昼前から飲む角ハイと、それに合わせたつまみということで、カラ揚げ、トロアジのフライなども出されていたが、どちらも絶品! 特にトロアジのフライが美味しかった。

 その後、歩いてスコ文研にもどり、4時から曽根物産のSさんと打合わせ。7時から上のスクールで、「究極のブレンデッドマラソン」第4回目。今回はシーバスリーガル一気飲みということで、シーバスミズナラ、12年、18年、25年、ロイヤルサルート21年。そしてそれらのキーモルトとなっているストラスアイラ12年の6種をテイスティング。

 3年ぶりの皆既月食ということで、そちらのほうが気になったが、スクールの窓からは見えずで断念。皆既月食を初めて見たのは中学の天文部時代で、学校の校舎の屋上で観測したことを思い出す。それ以来、何十回と見ているのだが、いつ見ても皆既月食は素晴らしいと思っている。

 日食と違って観測しやすいし、月が欠け始め、やがて地球の影にすっぱり入った瞬間、月の存在感が一変する。ふわりと、中空に浮いているかのように見えるのだ。普通の満月では明るすぎて、こうはいかない。まるで黄昏にたたずむ女人のようにも見える。

 そんな、月食に合うウイスキーとは何だろうと、ふと考えてしまう…。

141008_1.jpg

141008_2.jpg

141008_3.jpg

141008_4.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter