1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「NHK学園国立のセミナーとウイスキー検定」
 台風接近で雨脚が強くなる中、12時すぎに恵比寿を出て、電車で国立に向かう。NHK学園の一日オープンセミナーのためで、国立には1時ちょいに着き、駅から歩いてすぐの国立オープンスクールへ。参加者は17名ということで、さっそく講義の準備。ますます雨脚は強くなっているが、予定通り2時からセミナーをスタート。

 今回のテーマは「竹鶴政孝とウイスキー」ということで、最初にNHKドラマの「マッサン」の話をして、それから実際の竹鶴政孝の人となりを1時間ちょいほど解説。その後、①ニッカ宮城峡12年、②同カフェモルト、③余市12年、④竹鶴ピュアモルト(NAS)の4種類をプラカップでテイスティング。先日のアサヒの大阪のセミナーで、原酒の品不足が起きているという話を聞いたばかりなので、ある意味、たいへん貴重な機会である。

 30分ほどかけてテイスティングと、その解説を行い、最後の10分はQ&Aタイム。予定を10分ほどオーバーして4時10分に終了し、荷物を再びパッキング。4時半にはセミナー会場を出て家路を急ぐことにした。

 恵比寿では久しぶりにアトレの本屋に寄ったが、たしかに「マッサン」関係の本が集められ、コーナーができている。そのコーナーの中心に、私の本が平積みになっていた。さらにその隣の新刊本のコーナーのところにも、本の表紙が見えるかたちで並べられている。やはり、「マッサン効果」おそるべしと言うべきかもしれない。

 その「マッサン効果」は、12月7日に行われる「第1回ウイスキー検定」の申込み数字にも表われている。3日の金曜段階で、ついに受験者が1000人を突破したのだ。その前の週の倍である! 一週間で500人近く増えたことになる。まだ〆切りまでは1カ月ある。なんとしても3,000人は突破したいと考えているのだが。

 ドラマで描かれているように、日本人がウイスキーのために奮闘した。90年後の我々にできることは、そのことに感謝しつつ、ウイスキーの魅力をもっともっと、そして一人でも多くの人に知ってもらうことである。そのためには、やれることは何でもやる…。まさに「やってみなはれ!」の精神である。

 そう思って、「ウイスキー検定」を立ち上げた。本来は、これをやるのに相応しいところが、もっとあるはずだと思っている。スコ文研の孤軍奮闘でこの「ウイスキー検定」が終わるのなら、ニッポンの“ウイスキー文化”の未来は危ういかもしれない。

 1,000人を超えたのは限りなく嬉しい話だが、まだまだ、こんなものではないと思っている。「マッサン」のためにも、ウイスキー検定で盛り上げていきたいと思っているのだ。

141005.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter